さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年06月28日

ギンガリュウセイ(馬主:田中春美氏)

2010年3月28日(日)

帯広第8競走十勝釧路根室が贈るファン感謝賞オープン決勝混合

2008年の中頃から私が観戦できる時間のレースでしばしば連対していたギンガリュウセイ
当時はまだ200万未満のクラスでしたが、2008年9月から4連勝し、10月には300万未満に昇級
続けて10戦8勝3着2回で一気に500万未満へ
あるときばんえい金太郎さんのネット無料予想新聞にギンガリュセイの馬主が“新ひだか町・田中春美”となっているのに気付きました。
もしかしたら田中勝春騎手のお父さん?
田中春美牧場さんには一度だけお邪魔したことがありました。
いまや日高の生産者さんは社台の種馬をつけなければ馬が売れないとかでほとんどの牧場さんが、社台の馬をつけてる中
田中さんは自家生産馬のバイオマスターをつけたり、静内農業高校が生産した馬を購入して走らせたりと
世相に惑わされずロマンを求めるような姿勢がとても粋に思えてそんな田中春美氏のファンになりました。
もしこのギンガリュウセイの馬主さんだとしたらますます素敵な方だとワクワク
昨年6月に帯広競馬場に行ったときに、ギンガリュウセイの馬主さんは紛れもなく田中春美牧場の主だと知り感動icon06
しかしその時期当のギンガリュウセイは休養中で実物を見ることができず、今年の3月28日にやっとicon74

セン馬ということもあるのかおっとりした雰囲気

厩務員さんに曳かれて後ろを歩く牛科のようです^_^;

よけいな動きはなくおっとりな雰囲気ながらもキビキビ

馬場入場は動画を撮りましたが、ラチ沿いで撮っていたらギンガリュウセイはラチ沿いに歩いてきたので
近すぎて画角からはみ出てアウトオブフォーカスface11

一腰で第2障害を登り頂上へ
内は1番トカチタカラ

鈴木恵介騎手に気合いをつけられて砂を飛ばしながら前へ

勝負所の第2障害を難なくクリア

更に気合いをつけられて下る

ジョッキーはぶれています

もうそんなに手綱をふりまわさなくても...
と思ってしまいますがゴールまでは気は抜けないんですね(^o^;)

誰も追いついてこず、このまま単独でゴールへ

ギンガリュウセイ、おめでとう\(^_^)/
やっと会えて、きっちり勝って嬉しかった。

表彰式は見ていなかったので、確かではありませんが、ここには馬主さんは写っていません。
優しい雰囲気の馬でますます好きになりましたface05
もっと出世しますようにicon74

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 02:36Comments(0)ばんえい競馬

2010年06月27日

Black & White リッキーとミルキー

Black & White
確か昔流行ったウィスキーのキャラクターだったと記憶してましたが、
検索したらスポーツウエアが出てきました。
確かにこのロゴのウエアも見たことあります。

Ricky & Milky
真っ黒い毛色のリッキーと年を重ねるごとに白くなっているミルキー(元イッシンブレイブ
帯広競馬場内の元パドックに設置されているふれあい動物園にいます。

こうして写真を見る限りでは2頭とも愛らしい表情で写ってますが、
競馬場に到着してすぐに挨拶をしにいくと、
すぐにドスンドスンと大きな音をたてて前掻きし、人参を催促されます^_^;
人間の子供の顔くらいの大きさの蹄鉄を吐いているので、その音はかなり大きく、
馬体も1トン前後なので知らないとその音と迫力にビビってしまうかも(((゜д゜;)))
しかしそれは大人に対してだけで、子供には優しい。
人参をねだれるのは大人だとわかっているんだと思います(^^ゞ
リッキー12歳、ミルキー7歳、しかし輝く瞳は年齢に関係なく可愛い。

ばんえい記念の日のリッキー
お客さんが乗った馬車を曳いてファンサービス
顔をアップで

内心では仕事の後の人参を楽しみにしてるんでしょうか?
初日は人参を切るものがなかったので、持参した人参を丸ごとあげてしまいましたが、
難なく2口で食べてしまいました(^o^;)

そしてミルキーはばんえい記念の出走馬たちを誘導
ちょっと早く歩き始めてしまい、足踏みして後退してました(^o^;)

きれいな水色のリボンがとても似合っているリッキー
人年齢に換算したら40歳くらいのようですが、あどけない瞳(*^.^*)
飼葉を食べている姿は猛獣っぽいですがface06

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 02:20Comments(0)ばんえい競馬

2010年06月22日

アンローズと1歳になった初子 続編

2010年3月29日(月)

過去に後悔した記事
アンローズと1歳になった初子
の続編です。

昨年アンローズが産んだ初子に9ヵ月ぶりに対面
のはずでしたが、当歳が4頭放牧されている場所に案内されたものの、訪問者に興味を持って近づいてきたのは別の当歳2頭でした^_^;

この子が一番好奇心が旺盛なのか、じっと訪問者を気にしてました。
まだ冬毛がもこもこしてます(*^.^*)

おばさん、誰?(一歳のばん馬) Who Are You?(1 year old draft horse)

訪問者をクンクンする当歳のハナから白い息がface02

そして、お約束のフレーメン f^_^;

三井さんがアンローズの子を呼ぶと彼は一緒に遊んでいた仲良しの子と一緒に寄ってきました。

右側が彼ですが、逆光の上、頭が切れてしまいましたface11
間もなく彼は仲良しの子と遠くに行ってしまいました。

前の記事に掲載した動画の通り、壁に貼ってあった板で遊んだり

友達のおしっこの匂いを嗅いで、フレーメンしたり^_^;
なかなか近くにきてくれないので、しばしお母さんの所へ。
首を掻いてあげたらアンローズさんはうとうと眠ってしまったので、もう一度子っこのところへ戻ったら
やっと近くによって来てくれましたface02

昨年見たときの2倍くらいの大きさでしょうか?
しかし、流星や目は当歳の時と同じですね。
挨拶をしてお鼻を撫でながら話しかけていたら、彼は突然くるりと後ろを向きました。
icon75icon75
サラブレッドの当歳に後ろを向かれると「蹴られるのか?」と警戒して距離をとってしまいますが、この時は柵越しだったのでその心配はなし。
私にお尻を向けて、じっとたたずむアンローズの息子
「もしかしたら、おしりが痒いの?」
と思い立って、お母さんの首を掻いたように、彼のお尻を掻いてあげました。
冬毛がもこもこ抜けた^_^;
子っこは気持ちよさそうにじっとしていたので、やはり掻いてほしかったのかと(^~^)

1年でかなり大人っぽい顔に成長してますが、人懐こくて優しいです。

あくびもキャッチ(^^ゞ

右の目が少し白目がでるところも特徴
来年にはデビューするんだね~icon74

アンちゃんはけっこう過保護なのか、母性本能が強いのか、子っこが遊んでた時も傍でずっと見守っていました。
今頃は今年生まれた当歳に同じようにしてるんでしょうね。
まずは初めての子がますます健康で大きく成長し、無事にデビューする日が楽しみです(*^ー^)ノ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 02:52Comments(2)ばんえい競馬

2010年06月21日

ちっこくてなまらめんこいばん馬の当歳(*^.^*)

3月29日(月)

ばんえい記念の翌日、アンローズさんと昨年生まれた初子を訪ねて三井宏悦さんの牧場を訪問させていただいたとき。
推定生後1~2週間の小さな子っこを見かけました。
ばん馬の親子 Draft Horse Mare and her colt

無心に飼葉を食べる芦毛のお母さんの背後で、全身がお母さんの顔くらいの大きさの黒い小さな子っこが元気に動いていましたface02

まもなく訪問者に気付いたのかお母さんの横からちっこい顔を出した。
なまらめんこい(*^.^*)
シャッターの音をやや気にする気配を見せながらも警戒する様子は見せず、ご飯を食べ続ける母

そんな母に顔を寄せるちびっこface02

そのお隣では、やはりもくもくと飼葉を食べる母の脚元で横になっていた子っこがいました。
ところが訪問者の足音に反応したのか勢いよく「キュン!」という鳴き声とともに立ち上がった。
危険察知本能?

またお母さんの顔くらいの大きさの子っこ
長い脚で立ち上がり、口で自分の脚を舐める
最初は警戒してましたが

まもなく好奇心からかお母さんの横から顔をだしました。
まつ毛が長くて上向きでなまらめんこいface01
女の子かな?

金髪のお母さんが飼葉の箱から顔をあげて子っこに口を寄せる。
子っこがほんとに小さく見えます(*^.^*)
いつかはこの子たちも1トンを超える立派な馬体になるんですね~
無事に大きくなりますように。

こんなニュース映像を見つけました!
浦幌で白いばん馬の赤ちゃん誕生 (2010/04/27) 北海道新聞

元気一杯で可愛いですが、やはり私には白毛馬は不気味に見えますface12

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 02:57Comments(0)牧場巡り

2010年06月14日

第24回東京プリンセス賞(SI) トーセンウィッチ

2010年5月20日(木)

大井競馬11R第24回東京プリンセス賞(SI)

このレースの予想

出走馬16頭パドック周回の動画

年末に第33回東京2歳優駿牝馬 (SI) を優勝して以来だったプリマビスティーが尻っパネを繰り返して大暴れface08
パドックであそこまでお転婆な子は初めて見ました^_^;
そんな中で優勝したトーセンウィッチは集中してパドックの大外を堂々と歩いていました。

原因は雨のせいなのかicon75
パドックからレースまで写真がきれいに撮れませんでしたface11

しかし馬券成績不調が続いていたところ、なかなかの配当が的中したので気分は明るくface02
当日の日記

トーセンウィッチ、おめでとう

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 01:45Comments(0)大井競馬

2010年06月06日

第56回東京ダービー(SI) - マカニビスティー

2010年6月2日(水)

大井11R第56回東京ダービー(SI)

このレースの予想
*この前の大井開催から◎をつけた馬は100%着外だったので、負けて欲しい馬に◎をつけました。
個別記事: 第56回東京ダービー(SI) 4枠8番マカニビスティー

第56回東京ダービー(SI)パドック動画(1)

YouTubeは時間帯によって画像がスムースに再生されず、画質も劣化して見えるんですね。
その時間帯に見るとこんなにひどい写り具合だったかとがっかりします。

第56回東京ダービー(SI)パドック動画(2)
騎手騎乗後

初めて羽田盃で見たとき同様、マカニビスティーの馬体は実にicon12ピッカピカicon12で反射してるようにも見えます。

第56 回東京ダービー(SI) マカニビスティー The 56th Runnings of The Tokyo Derby

今回もPhoto Movieにしました。
申し訳ありませんが、携帯ではご覧いただけません。

マカニビスティー
Makani Bisty(Pedigree Information by net.keiba)
by Zenno Rob Roy(by Sunday Silence) & Success Witch(by Brian's Time)

今更気付きましたが、第33回東京2歳優駿牝馬 (SI)を勝ったプリマビスティーと同じ馬主さんですね。
検索していたら余計な記事を見つけてしまいました^_^;

馬券ははずれましたが、戸崎圭太騎手が羽田盃のリベンジを果たせたのは良かったですicon88
あれは見ていてほんとに腹が立ちましたからface10
鞭で叩いたら勝ったということは戸崎騎手もMicon75
小林、美浦からは座間が見えそうですね。



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング
icon45応援よろしくお願いしますicon45




  

Posted by Sea Chariot at 15:27Comments(2)大井競馬

2010年06月01日

第24回 東京湾カップ(SIII) - マグニフィカ

2010年5月4日(火)

船橋10R第24回東京湾カップ(SIII)

このレースの予想

出走馬14頭、騎手騎乗後パドック周回の動画

14番マグニフィカの前を歩く13番エスケイガナールもどちらかというとおっとりした雰囲気で歩いてますが、
マグニフィカはそれに輪をかけてマイペースで悠長な雰囲気

マグニフィカ
Magnificat(Pedigree Information by net.keiba)
by Zenno Rob Roy(by Sunday Silence) & Fusaichi Elegance(by Rahy)
お父さんのゼンノロブロイもおとなしかった印象が残ってますが、ここまでではなかったきがします。

ジョッキーが騎乗しても相変わらずおっとり。

返し馬
タイミングが合わず、らちが入ってしまいました(>_<)

いつも通り逃げた9番ナンテカ(7番人気)の2番手につけてスタート

スタート直後、ゴール板を過ぎたあたり
向こう正面の中盤からナンテカに並びかけ先頭に立ち、

最後の直線も手ごたえ良く伸びてゴールface12
予想では△をつけたものの、全日本2歳優駿で期待したら裏切られたこともあり切ってしまいましたface11
当日の日記
第24回東京湾カップ(SIII)優勝馬マグニフィカ(お食事中)- Magnificat

最終レース終了後、厩舎を尋ねたらこの通り。
飼い葉桶に顔を突っ込んだまま訪問者は無視^_^;
知らない人間を警戒する様子もなく、育ちの良いおぼっちゃまという雰囲気ですface02
尻尾が地面に着きそうなくらい長いんですが、放っておくと引きずるまで伸びるんでしょうか?

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 13:35Comments(0)船橋競馬