さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年08月29日

第15回さきたま杯(JpnII) ナイキマドリード

早くも3ヶ月になろうとしてますが.....

2011年6月1日(水)

浦和11R第15回さきたま杯(JpnII)

このレースの予想icon47

出走馬12頭パドック周回の動画

真っ白になった▲1番フジノウェーブ(7人)
過去にはパドック周回中に目線をくれた記憶がありませんが、今回は日中の浦和とあって距離が近かったからか思いっきり目線をくれました。
ナムラハンターを間に入れて、後ろの〇3番ラヴェリータ(1人)も思いっきりカメラ目線
動画には写ってませんが、ラヴェリータの後ろでは◎4番セレスハント(4人)が馬っ気出してました( ´艸`)
ここで一番目立ったのは△11番ナイキマドリード(2人)の前を歩いていた5番スーニ(8人)の復調気配ですね。

スタート

△5番ジーエスライカー(6人)[坂井英光(大井)]、8番[笠]ラブミーチャン(5人)[濱口楠彦(笠松)]が並んで前へ

やや開いて内[愛]キングスゾーン[安部幸夫(愛知)]、外△11番ナイキマドリード(2人)[戸崎圭太(大井)]

6番イブロン(9人)[森泰斗(船橋)]、内〇3番ラヴェリータ(1人)[武豊(JRA)]、外5番スーニ(8人)[川田将雅(JRA]、
直後◎4番セレスハント(4人)[福永祐一(JRA)]、
外△9番ダイショウジェット(3人)[柴山雄一(JRA)]

向こう正面、ジーエスライカー、ラブミーチャン、ナイキマドリード、イブロン、ダイショウジェット、
ラヴェリータ、キングスゾーンはすでに後退して7,8番手、そしてそのうしろにフジノウェーブが....
最後の直線の入り口

最内、逃げ粘るジーエスライカー外側にラブミーチャン、ナイキマドリード、スーニ
後ろの大外には灰色になったフジノウェーブも見えている

自分の馬券の都合で外からセレスハント、フジノウェーブが延びてくることを祈ったが

ラブミーチャンをナイキマドリードが交わしてジーエスライカーに並びかけた

ナイキマドリードが延びてラブミーチャン後退、後ろではスーニの鞍上でウーパー川田騎手が馬上であられもない格好( ´艸`)

ついにナイキマドリードがジーエスライカーを交わして先頭に!(´Д`;)
前走期待したらダメだったので、この時は軽視していた (→o←)ゞ

マイキマドリードが完全にジーエスライカーを交わしたが、期待の後続は全く来ない(((゜д゜;)))

ナイキマドリード1着、ジーエスライカー2着、そして3着はパドックで復調気配に見えたたスーニ
三連複22,300円、三連単107,710円

私の◎、〇、▲は8,5,7着lllll(-_-;)llllll


セレスハントが優勝した第22回東京スプリント(JpnIII)は6着、
地元船橋競馬場での第55回船橋記念(SIII)はジーエスライカーの4着と振るわなかった
ナイキマドリード

まじめに運動し、良く食べ、良く休み、無駄なことは一切しない優等生

1頭だけを見たら立派な馬体もパドックの内目を気合いも見せずにマイペースで歩いていたので
勢いよく大外を歩くスーニやダイショウジェットと比べると見劣りしてしまったface07
しかも鞍上は主戦の川島正太郎騎手でなく戸崎圭太騎手だったのでなおさらですface06

第21回オーバルスプリント(SIII)を優勝した時の写真のほうが断然写真写り良いicon88

(JpnII)で南関所属馬のワンツー馬券、当てられなくてとても残念face11


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング  blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 21:02Comments(0)浦和競馬

2011年08月21日

第8回スパーキングサマーカップ(SIII) ベルモントルパン

2011年8月19日(金)

川崎競馬

10R第8回スパーキングサマーカップ(SIII)

このレースの予想

出走馬13頭パドック周回の動画

◎8番ディアーウィッシュ(1人)が-9kgでしたが、もともと太目に見える体型なので見た目には減ってるようには見えませんでした。
〇6番コスモフォース(2人)もいつも通りパドックの大外を勢いよく歩いていて引き続き順調そう。
私の期待の△3番トウホクビジン(11人)は長距離輸送にもかかわらず+7kgでいつも通りきびきび歩いていた。
過去2回見たときはうるさかった☆7番フサイチビージェイ(5人)は落ち着いていたかも。
どの馬も毛ヅヤが良く、夏バテの気配もなく好調そうに見えました。

買い目は三連複6-8→10,3,13,2,4、ワイド3→6,8
ヒモから7を切って4を追加、トウホクビジンから1,2番人気へのワイド2点追加

スタート後のゴール前

グランドマイラーズの時のようにフサイチビージェイが先頭で2番手にヴァイタルシーズ、ディアーウィッシュあたりかと予想してましたが、
今回は△13番ヴァイタルシーズ(8人)が先頭でした。
2番手内☆7番フサイチビージェイ(5人)、外▲10番シャインウェーブ(3人)
直後に◎8番ディアーウィッシュ(1人)、△2番ウツミランカスター(7人)、12番[高]グランシュヴァリエ(4人)
その後ろ内9番ベルモントルパン(9人)、11番トーホウアタック(10人)、やや間が空いて内1番ザグ(12人)、外〇6番コスモフォース(2人)
さらに間が空いて内4番タートルベイ(6人)、外△3番トウホクビジン(11人)
あれ、ビジンちゃん本橋騎手と並んで走ってた!
シンガリ5番ドリームスカイ(13人)で向こう正面へ
いつの間にかトウホクビジンはシンガリに( ̄□ ̄;)!!
最後の直線、逃げたヴァイタルシーズが粘り、シャインウェーブが2番手
その後ろにディアーウィッシュもまだいたが、最内にザグ、外側からはベルモントルパンとウツミランカスターがヽ(゜▽、゜)ノ

あれよあれよという間にザグ、ベルモントルパン、ウツミランカスターが伸びてきて前の2頭を交わして前に躍り出た(((゜д゜;)))
ディアーウィッシュは置き去りにされ、コスモフォースは伸びてはいたが、離れた6番手

後ろから躍り出た3頭の接戦となり、

真中9番ベルモントルパン(9人)がアタマ差先着したらしい...(x_x;)
しかし悲しそうな目

真っ暗でピンボケですが、レース終了後引き揚げてきて左海騎手と笑顔で言葉を交わしていた石崎駿騎手とベルモントルパン

結果:無印9→△2→無印1(三連複160,200円、ワイド2-9 6,340円、1-9 14,400円、1-2 4,300円)
当てた人尊敬しますface07

パドックを見ていて11番トーホウアタック(10人)が大外を勢いよく歩いていてやや気になりましたが、

ベルモントルパンに関しては暗い印象しか残ってなかったface12

憂鬱そうに見えるし、地味で目立たなかった....

このところアジュディケーティング産駒も活躍してないので、久々です。

記者のフラッシュは嫌がって前掻きしてましたが、それ以外は余計な動きをしない大人しそうな子でした。
優勝おめでとう

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 23:50Comments(0)川崎競馬

2011年08月21日

第45回黒潮盃(SII) オオエライジン

8月16日(火)

大井競馬場

10R第45回黒潮盃(SII)

このレースの予想icon47

出走馬16頭パドック周回の動画

偶然1番人気だった11番オオエライジンからスタートしてますが、どうやらボロをするために立ち止まっていたようです^_^;
◎8番ラカンパーナ(6人)は東京プリンセス賞以来3ヵ月ぶりでしたが、相変わらず美しく、力強い目線で落ち着いて歩いていました。
そしてもう1頭の牝馬、▲9番ハルサンサン(2人)も首を下げて集中。
JDD5着の〇5番ブラックサンダー(3人)もいつも通りマイペースで人懐こい雰囲気が可愛い。
△7番セントマーチ(4人)はパシュファイヤーを着けていてあまり印象に残ってませんが、写真がぶれているところを見るとややうるさかったか?
岩手競馬のホープ、△1番ベストマイヒーロー(7人)はJDDの時同様落ち着いてマイペース。
昨年参戦したロックハンドスターと比べるとおとなしい。
人間はじっとしていても汗がにじみ出るほどの暑さだったのに、馬体が濡れていたのはホッカイドウの6番ピエールタイガー(8人)だけで、
ゼッケンの下から泡状の汗を垂らしていたのは△2番ファジュル(5人)のみ。
後ろ脚の間から汗を垂らしていた馬も少なかった。
(ゼッケンの下、または後ろ足の間から白い汗が垂れているのは良い状態、全身透明な汗が噴き出している場合はハイテンションと聞いている)
パドックを見た結果、牝馬2頭に期待

スタート後

現場では気づかなかったが、リプレーを見ると△7番セントマーチ(4人)がスタート直後に後ろに下がっていた。
いつも人気以上に頑張る4番ゴーディー(11人)がハナに立って逃げようとしている。

ゴーディーが先頭に立ち、直後内△1番ベストマイヒーロー(7人)、外◎8番ラカンパーナ(6人)
2頭の後ろに〇5番ブラックサンダー(3人)、△2番ファジュル(5人)、
その外から11番オオエライジン(1人)、16番リアライズブラボー(9人)が上がってきて直後に▲9番ハルサンサン(2人)

16番リアライズブラボー(9人)がぐんぐん上がってきて先頭に立って向こう正面へ

4,5番手追走の△1番ベストマイヒーロー(7人)、▲9番ハルサンサン(2人)
直後に〇5番ブラックサンダー(3人)、13番ハバナマティーニ(10人)
その後ろ△2番ファジュル(5人)、☆10番ドラゴンウィスカー(12人)、12番ピースポーター(13人)
そしてその後ろ3番エースキッド(15人)、△7番セントマーチ(4人)、15番[笠]オーナーシップ(16人)、
やや離れて6番[北]ピエールタイガー(8人)、シンガリ追走14番ミサキティンバー(14人)

最後の直線の入り口

リアライズブラボーが先頭に立った時ビクッとしたが、きっと途中で力尽きると思ってた。
ところがまだ先頭にいたので再びドキッface08
横にはオオエライジン、直後ピエールタイガー、ゴーディー、ハルサンサン、そして大外にセントマーチの姿は見えるが、
期待のラカンパーナがいないface12
どこにいったシゲタ~!?

ナ、ナ、ナントズルズルと後退してはるか後方に((>д<))
リアライズブラボーが粘り、オエライジンが迫る
そして外からハルサンサン、セントマーチが上がってきてはいたが

間もなく的場文男騎手の叱咤激励に応えてセントマーチが3番手に

前は2頭の叩き合いの末

ゴール直線でオオエライジンがもうひと伸びし、リアライズブラボーを1/2馬身交わして優勝
どうも目線がスタンドを向いていたので、もしまっすぐ前向いて走ってたらもっと早く交わしていたかと?
絶句llllll(-_-;)llllll
当日の日記に書いた通り、パドックを見てヒモに追加したものの優勝するとは思いもよらなんだface07

レース終了後、ハルサンサンと並んで引き揚げるオオエライジン鞍上の[兵]木村健騎手がガッツポーズicon88

キングヘイローの子なのにおとなしくてじっとしていたので後ろ姿しか撮れませんでした。

パドックでは

欠伸の瞬間を逃しましたが、舌だした瞬間

「見たな?!」
っと思ったわけではないと思いますが、とにかくカメラ目線でしたface02

木村健騎手のパンツに
「ひろげよう、支援の輪」
即席っぽいですが、字が大きくて目立ちます

やはりカメラ目線(*^.^*)

木村騎手のパンツ、左側は
「がんばれ、東日本」
優勝おめでとう


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45




  

Posted by Sea Chariot at 01:13Comments(2)大井競馬

2011年08月14日

第32回サンタアニタトロフィー(S3) カキツバタロイヤル

8月3日(水)

大井競馬場

11R第32回サンタアニタトロフィー(SIII)

このレースの予想

出走馬16頭パドック周回の動画

1番フサイチビージェイ(9人)がうるさかったが、他15頭は落ち着いて見えた。
このところパドックでややうるさかった△2番マグニフィカ(1人)も最初はおとなしくマイペースで歩いていたが、
停止命令がかかった後だったかやや立ち上がったりしてうるさくなった。
△16番ツクシヒメ(11人)も途中から前脚を突っ張らせていつもの歩様を見せていた。
初めて生で見た☆3番キングバンブー(5人)はなかなかイケメンで可愛い顔face05


スタートから間もないスタンド前
最内から1番フサイチビージェイ(9人)、△2番マグニフィカ(1人)、☆3番キングバンブー(5人)
3頭のやや後ろ内、△4番ボランタス(6人)、▲5番ラインジュエル(12人)、6番トーセンキャプテン(13人)
そしてその外に〇7番カキツバタロイヤル(3人)、やや後ろに◎8番ボンネビルレコード(2人)、9番ハーミア、11番マズルブラスト(4人)
そして大外から△16番ツクシヒメ(11人)が

ここでツクシヒメはキングバンブーと並んで2番手、カキツバタロイヤルはその後ろにつけていた。

最後の直線
逃げた先行勢を離してカキツバタロイヤルが先頭
私が軸にしてしまった△2番マグニフィカ(1人)はすでに4,5番手に後退し、その外から5歳先輩の11番マズルブラスト(4人)がicon74
◎8番ボンネビルレコード(2人)はまだ後方

先頭のカキツバタロイヤルが手ごたえ良くグングンゴールに向かってくる。
マグニフィカは後退してしまったが、穴で期待した▲5番ラインジュエル(12人)は最内3番手で頑張っていた。

もうカキツバタロイヤルの優勝がほぼ確信できたので、気持ちが高ぶって彼にピントを合わせて連写

しかし当日の日記に書いた通り写真は全滅でしたface11

ボンちゃんと並んで引き揚げてきたカキツバタロイヤル
初めての58キロを背負って激走したのにパドックを歩いていた時と変わらず落ち着いて見える。

過去に撮った彼の写真もカメラ目線が多いが、この日はいつもにましてカメラ目線で歩いていた気がする。

真意はわからないけど調子が良かったのかなicon75
父ロイヤルタッチはやんちゃなタイプだったので、彼は母父のアンバーシャダイに似ているのではないでしょうか?

ジョッキーが騎乗すると頭を下げてしまうのも以前と同じ。
前3走勝って欲しいと願いつつ惜敗続きだった。
引き続き応援したい思いは強かったが、58キロの負担重量が疑問
更に当日馬番7番は1~10Rの間に3着すらもなかったので弱気になって軸を2にしてしまい大失敗face12
マグちゃんめface09
戸崎圭太めicon09
しかし、カキツバタロイヤルが優勝して良かったですicon88

昨年に続き同一重賞連覇おめでとう

動画を埋め込むと重くなるので、関連動画はリンクのみ。
サンタアニタ競馬場からの来客の挨拶 Guest from Santa Anita Park
ゆらゆら揺れてるし、観客の頭に割り込まれてピントも甘くなってるし音も拾えてませんが、着ぐるみたちが可愛いface02

第32回サンタアニタトロフィー(SIII)優勝 石崎駿騎手インタビュー
ほとんどピント合ってないicon10

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 02:48Comments(0)大井競馬

2011年08月11日

愛は種別を超える? ロバとサラブレッド

7月24日

スエトシ牧場にて


放牧されていた5~6頭の乗用サラブレッドに交じって、身体がふた回りくらい小さく、耳の長い馬に似た芦毛がいた。
ロバっぽいと思いましたが、自分の中ではロバは茶系の毛色のイメージだったので気になり、
スタッフに確かめたら間違えなくロバでした。

ロバ君もサラブレッドと一緒に走ってました。
しばらくすると

なんだかラブラブな雰囲気!?

あれ、あれ(^^ゞ

寄りそって走るロバと馬

栗毛のお姉ちゃんにもスリスリ

身体が倍くらい大きなお姉ちゃんを口説いてる?!

最後には金髪のお姉ちゃんも!!

そしてこの2週間後、再びスエトシ牧場さんを訪れた私は、ロバ君が一頭の牝馬の背中に乗って腰を振っているのを目撃face08
私はクラブハウスのデッキにいて、ロバ君がいた場所から10mくらい離れていた。
近づいて写真を撮りたい思いに駆られましたが、多分向こうにたどり着く頃には止めているだろうと断念。


欠伸をするロバ君

見た目は可愛らしいのですが、1頭で複数の牝馬を口説くプレイボーイでした(^o^;)

今更ですがロバをWikipediaで見たら
哺乳綱奇蹄目ウマ科ウマ属ロバ亜属 (Asinus) の総称
とある。
そして
“現生ウマ科の中で一番小型だが、力は強く、記憶力も良い。”
そうなんだね~
もし種付けしたら馬とロバの子供ができるんだろうか??


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 01:02Comments(2)牧場巡り

2011年08月01日

ミニチュアホースの赤ちゃん-Miniature Horse

長野県佐久市にあるスエトシ牧場さんに一泊した朝

放牧地を見学させていただいたら、丘の上にミニチュアホースの親子がいました。
お母さんは繋がれて、足元に茂る草を無心に食べており、その子と思われる乳飲み子が近くに。

公道から親子を見上げてシャッターを切る人間を見る子っこ

逆光だったようで、目が黒潰れしてしまいましたが、見慣れない人間に興味をもったのか“ジー”

今度はお母さんから離れて丘の下の放牧地に放牧されているサラブレッドとポニーの群れを見降ろした。

そしてか細い鳴き声を上げたかと思ったら全速力でお母さんがいるほうに向かって駆けた。

ミニチュアホースの赤ちゃん - Baby Miniature Horse

馬の嘶く声に似ているようで似てないような可愛らしい鳴き声
走るとけっこうスピードを出してカメラが追いつかなかった^_^;
数回同じことを繰り返し、最後にはお母さんの元に戻り、お乳を飲んだ。
フリフリさせた短い尻尾や、小さい馬特有のぽっこりお腹がなんとも可愛い(*^.^*)

午後になると親子は朝とは異なる場所に移動しており、子っこはお母さんの足元で寝ていた。

そんな子っこに興味があるのか、近くのパドックから金髪美女が顔をだして見ていた。

寝ている子っこジーっと見つめる金髪美女
なんとも可愛らしい姿(^^ゞ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45


  

Posted by Sea Chariot at 01:51Comments(0)牧場巡り