さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年11月30日

第18回マイルグランプリ(SII) ボク

11月2日(水)

大井競馬場

大井10R第18回マイルグランプリ(SII)

このレースの予想icon47

出走馬16頭パドック周回の動画

時間がたってしまい、当日の記憶は薄れてますが、
動画を見ると▲1番フジノウェーブ(4人)が王者の貫録で相変わらずパドックの大外を歩いていたため、
レンズに近づきすぎて画角からはみ出てますicon10

スタート後のスタンド前直線

先頭△14番セントラルコースト(6人)+川島正太郎、2番手内、11番シャインウェーヴ(7人)+[金]吉原寛人、外△15番ルクレルク(3人)+戸崎圭太

単独3番手△4番ケイアイゲンブ(2人)+和田譲治、

ケイアイゲンブの後ろ、内10番タケショウオージ(11人)+森泰斗、外12番ジェイケイボストン(13人)+[愛]吉田稔
その後ろ内〇9番ザッハーマイン(1人)+的場文男、外◎13番ツルオカオウジ(5人)、
やや間が空いてこの後ろに▲1番フジノウェーブ(4人)+御神本訓史とface058番ロイヤルボス(9人)+真島大輔が並び、
その後ろから☆3番ラインジュエル(14人)+有年淳、7番ボク(8人)+アラン・ムンロ
2頭の後ろに2番イーグルショウ(16人)+石崎駿

障害物がたくさん入っているが、最後の直線の1/3辺り
先に行ったセントラルコースト、ケイアイゲンブ、ルクレルクが粘っているところ、
外側からツルオカオウジ、ラインジュエル、フジノウェーブ、ボクが並びかけている

セントラルコーストは後退加減、ケイアイゲンブが先頭?
しかし外からツルオカオウジ、ラインジュエル、フジノウェーブ、ボク、そしてさらに大外から2番イーグルショウ
1番人気ザッハーマインはそれより後ろの更に外

真中あたりは人垣で見えず、次の瞬間ファインダーをのぞく私にはラインジュエルが先頭に抜け出したと見えていた。
ツルオカオウジ、フジノウェーブは視界に入っていたが、ボクは死角

ラインジュエルがキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

有年君が重賞勝ちicon74

ツルオカオウジとラインジュエルのワイド馬券を勝っていたのでワイド高配当的中icon88
しかし興奮もつかの間....

着順掲示板には7・1・13・2・3
な、ナナ????( ̄□ ̄;)!!


前2走期待したらさっぱりだったので今回は馬券の対象外だった7番ボク(8人)だったllllll(-_-;)llllll

ジョッキー騎乗してパドックを歩かずに先に馬場に出てしまうため返し馬の写真は撮れず、
レース中も彼が走る姿はまともにとらえたことがない。

そして今回も死角だったため、せっかくの重賞制覇の姿を逃してしまったface07

パドックを歩いている時もこんな風にうるさい仕草を繰り返すので、ピントの合った写真が撮れたためしがない...

すっかり騙された(。>0<。)
そんなレースでしたo(_ _*)o

アランムンロ騎手のジョッキーパンツに書かれている漢字は、
かつての暴走族の旗に描かれていたような文字に見えるicon10


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン

  

Posted by Sea Chariot at 03:05Comments(0)大井競馬

2011年11月27日

まるでわが身を見るような馬

2011年10月10日

北海道河東郡音更町にある十勝牧場を訪問

展望台に行ったらおよそ60頭のばん馬が放牧地の端に固まり、居眠りをしていた
立ったまま寝ている馬群の足元に横たわる仔馬が1頭。

群れからやや離れて2頭が草の上に横たわっていた。
奥の黒い子は身体の大きさ、たてがみの長さからして当歳らしかった。

手前の栗毛は少し大きくたてがみも長かったので1歳~2歳か?

しばらくするとすっかり馬体を横たえて大鼾をかきはじめた(^^ゞ
大鼾で爆睡するばん馬 Snoring Japanese Draft Horse

あまりにも大きな鼾だったので、動画を撮ってしまいました( ´艸`)

更にしばらくするとばん馬たちは一斉にぞろぞろと放牧地の奥へと歩き出しました。
平原を移動するばん馬の群れ Herd of draft horse walking in pasture

ほぼ一列になってぞろぞろぞろぞろ。
途中立ち止まり、ボロやオシッコをするものもあり。

群れで眠っていた馬たちはぞろぞろ歩いて散り散りに広い放牧地に遠ざかってしまった。
ところがあの栗毛の子だけはまだ鼾をかきながら横たわっていたface08
他の馬は遥か遠くまで移動し、草を食べていたのに....

ずいぶんたってから栗毛がようやく立ち上がった。
周りを見渡すと、一つの群れが草を食べていた丘の上に向かって歩き始めた。
ずっと後を目で追っていたが走りはしないものの歩く速度は速く、あっというまにその群れに追いついた。
(その群れの中に彼・彼女の親がいたのかもしれない)

その様子を見ていたらなんだかその栗毛の子が自分にそっくりに思えた。
1.一度寝たらなかなか起きない。
2.団体行動を乱す。

違うのは、私だったら起きたときに仲間がいなくなっていても
「あ~せいせいした」
と思うだけで、後を追ったりしないだろう(^~^)


この子はとても人懐こい子で近づいてきてじっと見つめるので、話しかけてお鼻を撫でてみたが、
全く怖がらずじっとしていた。
毎年北海道にツーリングに来る息子さんに初めて連れてきてもらったと嬉しそうに話していた関西弁の初老の女性も
私に習ってこの子を撫でたが、やはりおとなしく撫でられていた。
どんな思いで観光客を見ていたのだろう?
態度や目つきで喜怒哀楽はなんとなく読みとれるが、細かい気持ちまでは読みとれないのが残念。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 03:49Comments(0)牧場巡り

2011年11月20日

第6回道営スプリント[H2] パフォーマンス

2011年10月6日(木)

門別第12競走第6回道営スプリント[H2]

2年ぶりくらいに門別競馬場に行きました。

アンペア、オノユウ、グレンチェック、サクラビジェイなど、南関東に所属していたことがあるお馬さんたちに再会。
オノユウのように派手な特徴がある子はわかりやすいですが、そうでないと馬装で覚えていたりするので、
馬装が変わると見た目だけではわかりません。

70-200mのレンズでスタンドから撮影したのでピントが甘いです。

最後の直線、逃げた8番グレンチェック(8人)がまだ先頭で粘っていたところ、
外側から5番スズカランクス(4人)+吉田稔と9番ベルガマスク(2人)+五十嵐冬樹
さらに離れた外から7番パフォーマンス(1人)+川島洋人

先頭は5番スズカランクスに変わり、その直後最内2番プリティゴールド(3人)+坂下秀樹
外側に9番ベルガマスク、7番パフォーマンスでグレンチェックは後退し、大外から3番アンペア(5人)+井上俊彦

先頭に立ったスズカランクスにベルガマスク、パフォーマンスが迫ってくる

7番パフォーマンスが更にスズカランクスに近づき

並んだ
内側のスズカランクスの目が白目になってる!?

直後では2番プリティゴールド(3人)、9番ベルガマスク(2人)も接近しているが、

7番パフォーマンス(1人)が3頭を振り切って先頭に躍り出た

1着7番パフォーマンス(1人)
2着5番スズカランクス(4人) 着差3/4
3着9番ベルガマスク(2人) 着差クビ
三連単4,500円
馬券は外れたことだけ覚えており、どう勝ったかは忘れたface07

レース終了後、引き揚げてきたパフォーマンスと川島洋人騎手
厩務員さんが笑顔で嬉しそう。

後運動中にカメラ目線をくれました。
第6回道営スプリント[H2] 優勝馬 パフォーマンス

口取撮影の前に肩掛けをかけているところを動画撮影
馬体から湯気がたっているのが写っています。
3歳で北斗賞を勝っているので、重賞2勝目?

優勝おめでとうございます

パドックではこんな風に首を下げて歩いていたようで、印象に残ってませんでした。
体型を見ると決して短距離体型ではないですね~
この記事を書くためにプロフィールを見たらJBCスプリント13着の後大井競馬場の高橋三郎厩舎に転入したようです。

南関にようこそface02

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45




  

Posted by Sea Chariot at 02:45Comments(0)ホッカイドウ競馬

2011年11月14日

第11回ローレル賞(SIII) ドラゴンシップ

またJBCから写真を撮り貯めてしまいました。
イケメン優先主義のブログオーナーは川田将雅、武豊、戸崎圭太より御神本訓史
というわけで、先週金曜日に行われたローレル賞を先にface02


11月11日(金)

川崎競馬

第11回ローレル賞(SIII)

このレースの予想icon47

残念ながら仕事が忙しく、競馬場に着いた時は出走馬は既に馬場に入場していた。
天気予報通り朝から降り続いていた冷たい雨はその時間にはほとんど止んでいたが、馬場は不良で田んぼのようだった。

馬券は三連複2-5→1,7,8,9,13、2-9→1,7,13、ワイド9→5,13
△9番ヴァイタルローズ(7人)に多いに期待icon74

スタート後のスタンド前は2,6,9、3・10・14、4・10・11、1・8、5・12、7・13で通過
向こう正面は2,6,9,3,10,14,1、7・5・13、4、12・8・11
最後の直線

逃げた◎2番ドラゴンシップ(1人)+御神本訓史が先頭
2番手につけていた6番エスティイレイシャ(10人)+張田京は後退気味で私の期待の△9番ヴァイタルローズ(7人)+酒井忍が2番手に(^O^)/
やや離れて4番手最内、10番バーチディダーマ(11人)+水野貴史、その外△1番ラブミーファスト(4人)+戸崎圭太
その外から〇5番クリアマキアート(2人)+繁田健一、その外▲7番ショコラヴェリーヌ(3人)+真島大輔
10番バーチディダーマの後ろに☆8番[北]コテキタイ(9人)+[北]桑村真明
そこから大きく離れた大外から△13番[北]レイモニ(5人)+[北]井上俊彦
スタートは4番手集団につけていた3番ローエンプリンセス(8人)はほぼシンガリに後退しているが、鞍上の的場文男騎手は馬上で立ち上がり、鞭を奮っている

先頭ドラゴンシップの脚色は衰えず、期待のヴァイタルローズも追いすがっていたが差は縮まらず、
間もなくその外から伸びてきたクリアマキアートとショコラベリーヌに交わされてしまったface12

愛用しているGIFアニメ作成ツールを利用しようとしたら残念ながら停止中で、別のツールを使ったため画質が著しく劣化してますface11

◎2番ドラゴンシップ(1人)が人気に応えて快勝icon88
2着▲7番ショコラヴェリーヌ(3人)、3着〇5番クリアマキアート(2人)
人気上位三頭の決着で三連複520円
的中するもトリガミface12
期待のヴァイタルローズはレイモニにも交わされ5着までface11

馬場が水浸しだったため口取が内側で行われ、障害もあり暗かった。
お嬢は逃げたからか汚れもなく、平静そのもの(^^ゞ

川島正行調教師にお鼻を撫でてもらい、ご褒美を要求しているような?

「にんじん、くれないの?」
はいはい!こんど会う時は美味しい人参お持ちしますface02
また耳絞られないようにね

御神本訓史騎手インタビュー

途中からですが、動画を撮りました。
音が小さいのでボリュームを目一杯上げないと聞こえない。
ちょっと大人っぽくなったようなみかさま

スタンドから見下ろして撮ったので目玉が写ってませんが、御神本騎手も川島調教師も笑顔がなく
仁義なき戦いcontinued( ´艸`)
たしかダガーズアラベスクが優勝(2005年)した時は関係者が葉っぱで作られた王冠を頭に載せていたね(^~^)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 23:34Comments(0)川崎競馬

2011年11月03日

第8回レディスプレリュード(SII) ミラクルレジェンド

9月29日(木)

1ヵ月以上過ぎて記憶も薄れているのでさらっと。

大井競馬場

10R第8回レディスプレリュード(SII)

このレースの予想icon47

出走馬16頭パドック周回の動画

+19キロの[J]ブラボーデイジー(7人)にフクイズミもびっくりface08
という感じでした。

大井競馬場ダート1800m
スタート後のスタンド前

先頭5番 [笠]エーシンクールディ(6人)+[愛]岡部誠、2番手東京ダービー馬▲13番クラーベセクレタ(3人)+戸崎圭太

▲13番クラーベセクレタ(3人)の外から第47回関東オークス(JpnII)優勝馬△14番カラフルデイズ(7人)+[J]福永祐一

直後最内1番テイエムヨカドー(12人)+森泰斗、中2番[J]フレンチカクタス(4人)+ [J]北村宏司、外〇15番ミラクルレジェンド(2人)+[J]岩田康誠
2、5の間に◎6番ラヴェリータ(1人)+[J]武豊が頭を突っ込んでいる
道中省略

後ピンでラヴェリータにピントが合っているが、〇15番ミラクルレジェンド(2人)が優勝
栗毛、芦毛、芦毛で明るいゴール
2着◎6番ラヴェリータ(1人)で、3着に逃げた無印5番 [笠]エーシンクールディ(6人)が残り三連単8,390円

ミラクルレジェンド
第56回クイーン賞(JpnIII)に次いで交流重賞2勝目

432キロと小柄だが

パドックでは闘志を秘めて歩いていたかも。

いつも吉方で遠征してくるので、運を持っている。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 13:10Comments(0)大井競馬