さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年04月30日

第23回東京スプリント(JpnIII) レース写真

4月18日(水)

大井競馬場

11R第23回東京スプリント(JpnIII)

このレースの予想icon47

出走馬16頭パドック周回の動画

8番スターボード(7人)、9番グランドラッチ(13人)はこの日初めて見たが、それ以外はお馴染みのメンバー
グランドラッチはとても愛らしい目をしていたが、スターボードはルックスは良くなかった。
◎1番フジノウェーブ(5人)の白さがひときわ目立って美しいface05
▲4番[J]スーニ(2人)、△14番[J]ダイショウジェット(6人)はパドックを見て見送った。
当日の日記に書いた通り、馬券は馬連1→4,7、ワイド7→2,3,5,8,15

スタート直後の向こう正面

先頭内13番コアレスピューマ+本橋孝太(16人:最低人気だったとはface08)、外△15番ナイキマドリード(8人)+川島正太郎
その後ろはごちゃついて外から16番[J]サマーウインド(3人)+[J]藤岡佑介、14番 [J]ダイショウジェット(6人)+[J]柴山雄一、12番[J]セレスハント(4人)+[J]福永祐一
5番ラインジュエル(14人)+有年淳、8番スターボード(7人)+戸崎圭太、〇7番[J]セイクリムズン(1人)
そして最内から今野忠成騎手が3番ダイワディライト(11人)の手綱を押している

ダイワディライトの直後内に☆5番ファイナルスコアー(10人)+杉村一樹、その外に[高]グランシュヴァリエ(15人)+吉田稔、11番シーズザゴールド(12人)+真島大輔、2頭の間に9番グランドラッチ(13人)+早見多加志
そしてその後ろ内に◎1番フジノウェーブ(5人)+坂井英光、外2番バトルファイター(9人)+山田信大、
▲4番[J]スーニ(2人)+[J]川田将雅
フジノウェーブがシンガリだったので、冷や汗icon10

しかしその数秒後、馬群の内をぬって前に進出
先頭はスターボードとコアレスピューマに変わり
そのうしろにナイキマドリード、[J]セイクリムズンとダイワディライト

いつもながらピンボケの最後の直線の入り口

前は内からスターボード、コアレスピューマ、ナイキマドリードと並び、スターボードの後ろには真っ白なフジノウェーブの顔が見える

しかしスターボードの後ろにはダイワディライトがまだいた。
ナイキマドリードの後ろにセイクリムズン、その外からサマーウィンド、やや下がって更に外からセレスハント、ダイショウジェット
スーニは更に後ろの大外から

スターボードが並んでいたコアレスピューマとナイキマドリードを離して先頭に

内からフジノウェーブ、外からセイクリムズンがコアレスピューマとナイキマドリードに接近

フジノウェーブの顔がスターボードの後ろに見えたicon74
ガンバレ、フジノウェーブ!!!!!

フジノウェーブが2番手に上がったが、外からはセイクリムズンも伸びてきた。

フジノウェーブとセイクリムズンが並んでスターボードを交わしたが

2キロ軽かったセイクリムズンがより伸びて先着
日本の恥39騎手はゴール手前で先頭に立った時点で馬の首を叩いていた。

引き揚げてきてみすぼらしい服装の厩務員さんとハイファイブ

前の記事に書いた通り勝負は時の運。
そういうことface03


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 02:47Comments(0)大井競馬

2012年04月26日

7着だった相棒サマーウインドの健闘を称えた藤岡佑介騎手

4月18日(水)

大井競馬場

11R第23回東京スプリント(JpnIII)結果

レース終了後、確か最後に引き揚げてきた

第10回JBCスプリント(JpnI)優勝馬、サマーウインド

鞍上の藤岡佑介騎手は出迎えた厩務員さんと笑顔で言葉を交わしながら
相棒の首をたたいて健闘を称えていた。

結果は7着でしたが、頑張って走ったのだから褒められたら馬も嬉しいだろう。
笑顔が素敵な藤岡騎手、優しいicon06

勝負は時の運。
今年の南関東は彼には運がない。
7月や10月に盛岡や北海道に行けば力を発揮できるはず。
北海道スプリント、クラスターカップが7月だったら良かったのだが...
2000mのマーキュリーカップは距離が向かないのだろうか?
福島、新潟も良いはず。
Wish you a luckicon38

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 00:56Comments(0)大井競馬

2012年04月21日

第15回クラウンカップ(SIII)優勝 キタサンツバサ

4月11日(水)icon03

川崎競馬

10R第15回クラウンカップ(SIII)結果

先にレース写真をアップしましたが、優勝したキタサンツバサの写真を。
かつては川崎競馬場のパドックでもそれなりの写真が撮れていた記憶があるんですが、
ここ数年さっぱり。
この日は雨でもあり、100%ダメでした。

前年10月27日デビューから4戦3勝でここに出走して1番人気だったキタサンツバサ。
私はこの日初めて見たのですが、小顔でおとなしく、集中して歩いていました。
ここではオーナーの北島三郎さんより鼻の穴も小さく見えましたface06
馬場入場

残念ながら馬の顔がピンボケですが、賢そうな横顔
雨に叩きつけられて鞍上の繁田騎手の表情が歪んでいます

雨の日は厳しいicon10icon15
レース終了後、

走った後は北島三郎さん並みに鼻の穴が大きくなってる?
優勝おめでとう
アジュディケーティング産駒だけどアジュディミツオーとは違って賢い優等生のイメージでした。
口取撮影は観客から見えないところで行われたので写真は見れず。
表彰式は室内で行われたので見ませんでした。
キタサンツバサと北島三郎さんが並んでいるところを見たかったです。
そういえばカタオカステーブルさんを訪問した時に北島三郎さんと川島正行騎手(現調教師)がならんでいる写真を見たような...

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 22:56Comments(0)川崎競馬

2012年04月18日

第11回JBCスプリント(JpnI)

東京スプリントに出走するスーニの写真を探したら、昨年のJBCスプリントの写真は撮りっぱなしだったことに気づきました。
今更ですが...

11月3日(木)

大井競馬場

第11回JBCスプリント(JpnI)

このレースの予想

スタート直後の向こう正面

△5番ジーエスライカーがぐいぐい押されて先頭に

テンジンミナトオーは早くも馬群に置いて行かれたicon10
しかしスーニもここでは下がったテンジンミナトオーの前にいる

最後の直線の入り口

逃げ粘る△5番ジーエスライカーの外から▲6番ラブミーチャン、更に外から☆12番セイクリムゾン

濱口楠彦騎手の鞭が高々と上げられ、ラブミーチャンがジーエスライカーに並びかけている。
外から来ているサイクリムゾン、◎15番ダッシャーゴーゴーどの差はまだある

ラブミーチャンがジーエスライカーを交わして先頭に
後ろにはセイクリムゾン、ナイキマドリード、ダッシャーゴーゴー、その後ろには前年の優勝馬、サマーウインド

ラブミーチャンの鞍上で濱口楠彦騎手が鞭を奮い、その外からセイクリムゾンが接近
ガンバレ、ミーチャン(・ω・)/

粘るラブミーチャンの外にセイクリムゾンの馬体が重なり、その外にダッシャーゴーゴー
更に外からいつの間にか忍びよっていた影

前にいた3頭を一気に交わして佐賀サマーチャンピオン、東京盃と連勝していたスーニが優勝
東京盃は内から抜け出したが、今度は外からだった。

ウーパー川田騎手、厩務員さんと握手

お馴染みのオレンジ色の馬服を着て口取撮影

見慣れないオジさんにハナを撫でられおとなしい彼がビビって目をひんむいていた。

最後にスタンドにも目線をくれたface02
ありがとう。
おめでとう。
でも東京盃と似たような写真だったから、あまり掲載意欲わかなかったんだったっけ^_^;
また同じ写真じゃ飽き飽きだから、今日は勝たないでね!

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン

  

Posted by Sea Chariot at 01:36Comments(0)大井競馬

2012年04月16日

第15回クラウンカップ(SIII) レース写真

4月11日(水)icon03

川崎競馬

10R第15回クラウンカップ(SIII)

このレースの予想

出走馬14頭パドック周回の動画

YouTubeはアップグレードしてから画質が劣化した気がする。
オリジナルをPCで再生するともっとクリアに写っている。

レーススタート

先頭〇1番キョウエイロブスト(3人)+山崎誠士、2番手△4番ベルモントシェリー(5人)+川島正太郎、その後ろ△9番コンテパルディロ(2人)+森泰斗

4番手最内◎5番キタサンツバサ(1人)+繁田健一、中▲12番シラヤマヒメ(4人)+左海誠二
その外から私の期待☆14番トキノドラゴン(8人)+増田充宏

やや空いて内ヒョウ柄のチークピーシスを着けていた7番テンピークス(13人)+吉田稔、外10番ハテンコウ(10人)+nice batの坂井英光

その後ろから△8番コスモランチャー(7人)+戸崎圭太
やや空いて2番ビッグライト(6人)+石崎駿

更に後ろ、内13番ミスシナノ(9人)+杉村一樹、外11番オミコシ(11人)+柏木健宏
その後ろ6番フォックスワン(14人)+藤江渉、そしてシンガリから3番ハニーハート(12人)+張田京
容赦なく降り注いでいた雨が写っているが、お馬さんたちが蹴りあげた砂も交じって後ろの馬たちはそれを全身に浴びているんだろうね~

最後の直線
理由はわからないが川崎競馬場のスタンドは立ち入り禁止で、地上で撮影したためまた観客の頭が画像に入ってますface09

逃げ粘るキョウエイロブストの外からキタサンツバサ
2頭の後ろは間が空いて2番手内にテンピークス、その外からビッグライト、やや後ろからハテンコウ大外のコンテパルティロは後退気味?
内で後退しているのは買うと来ない左海騎手と買うと来ない鷹見厩舎のシラヤマヒメ
そして私の期待のトキノドラゴンはそれより遥か後方

前で叩き合う2頭の後ろからビッグライトが迫る

ビッグライトがさらに前へ

前はなかなか入れ変わらないところにビッグライトが接近

ゴール板から10m近く離れた場所にいた私には外からビッグライトが差したように見えていたが、
真中のキタサンツバサがアタマ差先着したらしい。

この後ビッグライトが前に出ていたので、彼にピントを合わせてしまい、勝ち馬の写真は逃した

馬券の軸、トキノドラゴンは12着

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 01:40Comments(0)川崎競馬

2012年04月15日

桜風呂

4月13日(金)

前日茶色く濁っていた川の水はほとんど澄んで、

前日の何十倍もの桜の花びらが水に浮かんでいました。

ほんのりピンクでしょうか?

たくさんの桜の花びらが浮かんだ水の上を優雅に泳いでいたカップルを見かけたので
ファインダーから覗いてとらえようとしたのですが、
意外と早くて逃しましたicon10
速足で歩いて枝の向こうに着いたら

いたface02
冬の間見かける度に足が冷たくないのだろうか?
と寒い中、水にうかんでいるつがいを見ては身震いしてましたが、
この日は暖かかったので気持ち良さそうでしたicon01
朝から桜風呂とは贅沢な

毎年桜が散る頃に一斉に咲く梨の花

網の向こうに入れてもらう時間がなかったので、網目から^_^;
順番を守って必ず咲くなんて偉いなぁ~
人間も見習わないとね。

そしてやはり順番を守って関山桜、ウコン桜も少しづづ開いてきました。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 00:39Comments(0)花・植物

2012年04月13日

引き際? 短い盛り

4月9日(月)

長野から戻った時真っ暗な川沿いに満開の桜が白く浮かび上がっていた。
ちなみに長野ではまだ梅も咲いてませんでしたface01

我が家の近所は街灯すらなく真っ暗だったので、Nikon D300Sの内蔵フラッシュを使って撮影

そして翌朝

既に川面には散った花弁が漂っていましたが、まだ綺麗


水曜日は朝から雨予報
しかし実際は霧に近い細かい雨が降ったり止んだり。
むしろ風のほうが強かった。
午後7時過ぎから本格的に雨が降り、11時頃には止んだ。

木曜日の朝

桜の木の枝はスカスカに

逆光気味?
にわか勉強の成果なく、相変わらずピンボケ(>_<)

雨の後で水がまた濁ってますが、相変わらず人懐こい鯉がうようよ集まってきた^_^;

水に漂う桜の花弁を撮りたかったのですが、石と水が目立ってしまいましたicon10

やっと咲いたと思ったらあっという間に散った。
さようなら。
また来年、楽しみにしてるよicon23

引き際が肝心って感じで、惜しまれて引退するスターみたいだねface02

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 02:20Comments(0)花・植物

2012年04月08日

春爛漫 にゃんこもお花見

4月7日(土)


午後4時過ぎで暗くなってしまったが、月曜日はまだ2分咲きだった桜がほぼ満開

綺麗でしたicon12

私を待ち構えていた牛君

また焼かつおをパクパク

花より団子

やっぱり昼間の顔は怖く見える。
食べ終わったら「もうお前には用はない」とでも言っているようなicon10

一方かつて牛君の縄張りだった神社では、私が牛君を追いだしたのではないかと疑っているブサにゃんこが2匹

風流にお花見してたみたい

「なんか用?」

いえいえ、今日は寒いですねぇ。
ごきげんようicon23


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 02:14Comments(0)

2012年04月06日

第35回京浜盃(SII) 優勝馬パンタレイ

3月28日(水)

大井競馬場

11R第35回京浜盃(SII)結果

レース写真はこちら


パンタレイ
2007年の東京ダービー馬アンパサンドと同じ父(フィガロ)、同じ生産者(サンシャイン牧場)
しかしアンパサンドは黒鹿毛でしたが、彼は父と同じ芦毛でした。
そしてアンパサンドはうるさい馬でしたが、この子は余計な動きはせずに集中して歩いていました。

馬場入場の時はちょっとだけカメラ目線をくれた。
この日初めて見て、あんな風に逃げて逃げ切るとは想像できなかったface01

レース終了後、口取撮影のために馬場に再び登場したパンちゃん。
当日の記事には後ろ姿の写真を掲載しましたが、お尻がプリプリで可愛いicon06
グレーにブラウンも混ざった芦毛。
第35回京浜盃(SII) 優勝馬パンタレイ Winner of the The 35th Run' of The Keihin Cup

撮影中はちょっと前掻きをしたり、うるさい仕草も見せていましたが、アンパサンドほどではありません。

がんばったね!
優勝おめでとう


ダービー馬、アンパサンドはダービーの後2009年の第45回報知オールスターカップ(SIII)を勝った後2戦して故障してしまったらしい。
屈腱炎を手術して治し、昨年4月21日に大井競馬場でレースに出走したものの12着に終わり
以後見ていなかったが昨年11月21日付けで登録抹消になっていた。
私が南関東競馬を知り、観戦するようになってから3歳クラッシックを勝った馬たちはその後ほとんど活躍していない。
パンちゃんがジンクスを破ってくれるといいですね。

森泰斗騎手インタビュー

無精して遠くから撮影したので、音声がクリアじゃなく、聞き取りにくいです。

レース終了後、森泰斗騎手を囲んでいた関係者

「この黒い革のコートの堅気っぽくない男性は生産者さんか?」
と思っていたら

私のお気に入りで“会長”と呼んでいたブライトフェースを管理していた池田孝調教師のようですicon10
会長は知らぬ間に兵庫に引っ越してしまったんですね~
ショック


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 00:14Comments(0)大井競馬

2012年04月03日

第35回京浜盃(SII) レース写真

3月28日(水)

大井競馬場

11R第35回京浜盃(SII)

このレースの予想

出走馬16頭パドック周回の動画

▲4番パンタレイ(2人)、〇5番ベルモントレーサー(3人)、☆6番ベルモントシェリー(4人)、8番アートオブアース(5人)、9番フジノタイガー(9人)、10番トキノドラゴン(16人)はこの日初めて見た。
芦毛のパンタレイはなんとなくおとぼけに見える顔だったが、落ち着いて歩いていた。
ベルモントレーサーは鶴首で、目が小さいうえに白目を出してちょっと怖い印象の横顔だったが集中していた雰囲気。
その後ろのベルモントシェリーはおっとりしたお坊ちゃまの雰囲気でカメラ目線が可愛かった。
馬体は川島正行厩舎体型で一番立派に見えたface02
△16番レイモニ(10人)は初めて見たとき同様にややうるさく、彼女が尻っ跳ねするとその後ろの1番ドゥフトライネン(11人)も尻っ跳ね。
この2頭以外はみな落ち着いて歩いていたと思う。
アイキャンデイは相変わらず可愛いface05

スタート

最内1番ドゥフトライネン(11人)+繁田健一が先頭に立ったものの、その外から▲4番パンタレイ(2人)+森泰斗
直後内2番ダイヤモンドダンス(12人)+坂井英光、外〇5番ベルモントレーサー(3人)+山崎誠士、☆6番ベルモントシェリー(4人)+石崎駿、
2番ダイヤモンドダンスからやや下がって3番ネオビバリー(14人)+酒井忍

ダイヤモンドダンスを交わしてベルモント2頭が3番手でその外からは11番ウィードパワー(8人)+張田京、
その後ろから8番アートオブアース(5人)+内田利雄
その内側には△7番ショコラヴェリーヌ(7人)+真島大輔

ピンボケだが、アートオブアースの外から◎14番ゴールドメダル(1人)+戸崎圭太が上がってきて
スタートは先頭に写っていた1番ドゥフトライネンは早くも後退気味

ゴールドメダルは前に進出し、今度はアートオブアースの外から13番アイキャンデイ(12人)+的場文男、△15番アスカリーブル(6人)+今野忠成

向こう正面に向かうコーナーではこんな隊列

そして向こう正面
パンタレイ、ベルモントシェリー、ウィードパワーとアイキャンデイ、ゴールドメダル、アスカリーブル、ベルモントレーサー
向こう正面に向かうコーナーに馬群が現れたとき、前の記事に書いた通り、1匹の猫が馬群の目の前を駆け抜けていった^_^;

300mに1.7倍のテレコンバーターをつけても直線の入り口はピンボケ
先頭は逃げたパンタレイ
2番手は内からアイキャンデイ、ゴールドメダル、ベルモントシェリー、ウィードパワー
やや下がって外からアスカリーブル、ベルモントレーサーが

パンタレイの脚色は衰えず、後続との差を広げてゆく。
芦毛ながら馬体は濃い目のグレー+ブラウンで顔の中心の白い部分が目立っている(^_^)
ゴールドメダル、ベルモントシェリーが並び、アイキャンデイはやや後退
JRAジョッキーがシンガリで仲良く並んでいるではありませんか( ´艸`)

ゴールドメダルがようやく単独2番手に躍り出てベルモントシェリーはここで一杯だったのか再びアイキャンデイ、ウィードパワーの間に

的場文男騎手がアイキャンデイの上で鞭を奮っている!アイキャンデイ、ガンバッテタ!!

ゴールドメダルは2番手に立ったものの先頭のパンタレイの脚色は衰えず追いつけない

パンタレイが逃げ切って優勝
ゴールドメダルが次にゴールし、視界に入っていなかった馬券の軸の一方ベルモントレーサーが3位に入線し久々に馬券も的中

▲4→◎14→〇5→△15→△16だったので、やる気無い予想は上出来?
しかし、上位人気3頭の決着だったので、私の好きな結果ではありませんでしたicon15


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 00:44Comments(0)大井競馬