さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年10月02日

大井11R’12ムーンライトカップ

10月2日(火)

大井競馬場

大井11R’12ムーンライトカップ
3上 オープン準重賞

◎13セイントメモリー 55K


〇15マニエリスム 57K


▲8番ケイアイゲンブ 57K


△3番プロディージュ 55K


△9番フォーティファイド 55K


☆5番ラストキング 53K


ワイド13→5,8,9、5→3,8,9


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 18:54Comments(0)大井競馬

2012年10月02日

チャンピオンヤマトの馬具

10月1日(月)

大井競馬場

10Rドラマティックナイト賞 A3B1(一)選抜特別結果

買い目:三連複3-9-10、ワイド3→8,12
時間を計り間違えてオンラインパドックを見れなかったので馬体重をチェックして3点に絞った。

結果:◎10→☆6→〇8(三連複790円、ワイド6-10 260円、6-8 650円)ハズレicon15

▲3番モアザンスマート(5人)は期待通り直線で追い込んできたが、3番手に下がったムサシグラスオーを交わすには至らず3/4馬身差、コンマ1秒差4着face12
しかしもし3着だったとしても相手に6,10は買ってないので外れだface07

チャンピオンヤマトを☆にしたのは船橋の前走で2着に健闘したとはいえ、その前3走の結果から信頼できなかったのだが、
体重を絞ったことも今回の結果につながったのだろうか?

転入初戦を勝った時は見てなくて、優駿スプリントのパドックで初めて見た。
パドックを歩いている間、前を通るといつもハナに皺を寄せていて馬体は立派だったが愛想の悪い馬だと思った。
この日御神本騎手はゴールドキャヴィアに騎乗して優勝し、チャンピオンヤマトは戸崎圭太で14着(1人)icon15
次に見たのは8月2日’12シーサイドカップ
やはり鼻に皺を寄せてパドックを歩いていた。
この日御神本騎手はトップグラスに騎乗して優勝
チャンピオンヤマトは戸崎圭太で14着(3人)icon15
壊れてしまったと思い、以後馬券の対象にはできなくなった。
そのため予想で印つけることもなく、お蔵入りになっていた彼の写真を今日改めて見てみた。

この写真を見ると前歯に鎖がひっかけられていているようで、それが気持ち悪くて鼻に皺を寄せていたのだろうか?
何のためにやっているのかわからない...

8月16日三条場外発売所賞 で初めて御神本騎手とコンビを組んだが、結果は13着(4人)でやはり壊れてしまったと思った。
9月24日船橋穂波スプリントで2着に健闘したのは相手が弱かったからだと思って今回☆印だったのだが、4馬身差とはいえ2着に健闘したのは復調?
馬具を変えたのかな?とも思ったがオンライン映像では確認できない。

きよし君(トップグラス)は余裕の快勝でホッとしたicon88

モアザンスマートは一回早かったかもface11

11R港区特別 C1(二)選抜は1,2番人気のどちらかが飛ぶと睨んで三連複4-10→1,2にしたら
軸の1方、4番ブレーヴスキー(4人)が逃げ粘っていたハードボイルドを交わせずまた3/4差4着face07
石崎駿めicon08張田京めicon08

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 01:37Comments(0)大井競馬

2012年10月02日

ナイキアストーリー、アイヴァンクール(アディ産駒)

9月17日(月)

大井競馬場

先に掲載したエトワールアンがデビューした2R2歳新馬
勝ったテラザインパクトから2/3馬身差2着だったアイヴァンクール
父:ナイキアディライト 母:シングアップロック(母父:Singspiel)

お顔はこんな感じで額の星が父譲り?
前髪も茶髪になりつつある??

毛色は父より濃い気がします。
気性も父より大人しく見えましたface06

「俺のほうが男前だべ?」
ハイ、ハイ!アディさんのパパ(ディアブロ)はほんとうにハンサムでしたから


3R2歳新馬

こちらではナイキアディライトの娘、ナイキアストーリーがデビュー
エトワールアンと同じ、高岩孝敏厩舎所属

残念ながらピンボケですが、馬とは思えないなんとも可愛い仕草icon06
父:ナイキアディライト 母:タイキプレリュード(母父:Cozzene)
そういえばナイキアディライトとエトワールフルーヴも同じ歳なので、父、母とそれぞれの娘がライバル同士に。

ナイキアストーリーは見た目、気性ともに父には似てないように見えた。

なんでそんなにカワイイの?

409キロという体重が示す通り小さいのだけれど、つぶらな瞳を常に見開いてカメラ目線に写っている。


アイヴァンクール同様に逃げて粘っていたところを外からまた戸崎圭太がicon08

6番 ビーディフォースが勝ったのだが、この後ピントは2番手のナイキアストーリーに移してしまったのでゴールの写真はなし。
ビーディーフォースは父クロフネより、母父エルコンドルパサーに似てるのか?


409キロの可愛いお嬢さんは最後まで可愛く写っていたicon88

父のように逃げるナイキアストーリーと母のように後方追走のエトワールアン。
牝馬が活躍する高岩厩舎で、2頭の今後が楽しみですface02


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 00:26Comments(0)大井競馬