さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2014年02月15日

10ヶ月ぶりに会ったら6着だったキタノキセキ

1月25日(土)

帯広競馬場

7RB3-3

前の記事「マツリダワッショイ、ダイホウサク、ハナコデラックス」でこのレースの写真と1~3着だった馬の画像を公開しました。

このレースで約10ヶ月ぶりに見た亡きアンローズの愛息子、キタノキセキ

当歳の時の画像は2009年「NARグランプリ2006ばんえい最優秀馬アンローズと当歳」icon47

まだ小さくてこんなふうにお母さんに甘えていた。
2010年1歳のとき
「アンローズと1歳になった初子」icon47
「アンローズと1歳になった初子 続編」icon47
当歳のときより3倍くらい大きくなり、いたずらっ子になっていた。
これ以降見るチャンスがなく、競走馬となったキタノキセキは昨年3月25日に初めて見た。
その時は前5走が7,4,3,5,5着で6番人気だったのが2着に健闘
ところがその後出走がなく、どうしてしまったのかと心配していたら10月28日に復帰し、2連勝
復帰後は9戦して4勝3着1回だったので、休養前よりは成績も安定したようでホッとした。

10ヶ月ぶりに見た5歳になったキタノキセキ

馬体はまだ978キロで前回見たときと変わっていない。
一般的に初仔は小さいと言われているようにこれ以上大きくなれない体格なのかな?

子供の時に見たことがあるというだけで特別な感情があり、小さいころの面影から懐かしさもこみあげてくる。
昨年初めて行った牧場で番犬に吠えられたのに、今年は吠えられなかったという例からも、動物は人間が思うより人を記憶しているらしいが、

果たして彼は私に4年前に会ってお尻を掻いてもらったことを覚えているか?
しかし前を通るたびになんとなく微笑んでいるように見えてしまい、自分の都合のよいようにとらえてしまうのだったface02

スタート地点に向かう後姿。
内側の9番サスガは958キロでキタノキセキよりも小さい。
前走は6着だったが、このレースは1番人気で6着に敗れた。

レース終了後、牛のように牽かれてマイペースで歩いて退場していったキタノキセキ
この後2月3日は☆舘澤直央 騎手に乗り替わったからか6番人気だったのに3着
先週2月10日は5番人気で勝ってしまい、複勝を買おうかどうか迷った末やめたので後悔face07
(マツリダワッショイは失敗があったのかシンガリ負けicon10

今日は11Rオッズパーク杯B3-3・4決勝に出走しますが、人気になるなら見送ったほうがよいのか?
引き続き順調そうなら馬単で狙ってみたいところ...


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン



  

Posted by Sea Chariot at 01:26Comments(0)ばんえい競馬

2014年02月15日

マツリダワッショイ、ダイホウサク、ハナコデラックス

1月25日(土)

帯広競馬場

7RB3-3

昨年3月25日に見て以来のアンローズの初仔キタノキセキが出走していた。
しかし、1番人気だったので馬券は見送り、

6番マツリダワッショイ(7人)の複勝だけ買った。
勝負どころの第2障害

うちから4番ハナコデラックス(3人)、やや遅れている5番エイエンノココロ(4人)、その外で6番マツリダワッショイ(7人)が他馬より優勢
その外は7番タカラリュウ(8人)、8番キタノキセキ(1人)、大外9番サスガ(9人)

タカラリュウはやや内によれていたのか大河原騎手の顔がまたニヤけて見える。

マツリダワッショイも一瞬膝をつきそうになったが、すぐに立て直した

内からはハナコデラックスも上がり、

2頭ほぼならんで降りてきた。

キタノキセキはどうか?と外を見ると彼も何とか第2障害の頂上へ

先に降りて直線を歩くハナコデラックスとマツリダワッショイ
ハナコデラックスはややカメラ目線で可愛いicon06

しかし先に降りた2頭に注目していたらいつのまにか内から伸びて交わしていった栗毛金髪の1番ダイホウサク(6人)face08

ガンバレ、マツリダワッショイ!
彼が3着内でないと私の馬券はハズレ
マツリダワッショイを応援しながら後ろに目をやると

エイエンノココロとキタノキセキがようやく追ってきた

西謙一騎手に追われて淡々と歩くキタノキセキ

ガンバレ、キタノキセキ!
後ろに気を取られているうちにダイホウサクが勝ち、

ハナコデラックス、マツリダワッショイが続いた

マツリダワッショイはハナコデラックスに交わされたが、3着に残り複勝280円的中

勝ったダイホウサク(牡5)

馬体重は1000キロだが、パドックの写真を見ると柔らかい歩様で軽快に歩いているように見える。

2着ハナコデラックス(牝5)、なぜか全身の写真がなかったが920キロでお顔も小さくて可愛い。
3着のマツリダワッショイ(牡4)は1042キロで出走馬9頭中一番大きかった。
頑張ってくれてありがとう。
これを皮切りに3日間で3回菊池一樹騎手で馬券が的中したicon22
ありがとうface02

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン

  

Posted by Sea Chariot at 00:13Comments(0)ばんえい競馬