さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2014年11月18日

サカノテツワンと工藤篤騎手

<馬泥棒>栃木で4頭盗み九州で食肉業者に売却

私が裁判員だったら終身刑を要求
不幸なお馬さんたちのご冥福をお祈りいたします(合掌)

1日中高倉健さんの訃報が報じられて在りし日の高倉健さんがテレビに写ってましたが、その顔を見てやはり藤本匠騎手は健さんに似ていると思いました。
高倉健さんのご冥福をお祈りいたします(合掌)


11月17日(月)

帯広競馬場

11RA1・A2決勝混合結果

買い目:三連複3-4→1,5,6,7,9

つい1週間前、トレジャーハンターの相手は牝、と反省したばかりだったのだが、あいにくと牝が出走していなかったので4番ウメノタイショウ(5人)を軸のもう一方に選んだ。

結果:9-6-3(三連複1,670円)

残念ながら3番トレジャーハンター(1人)は3着までだったが、馬券圏内に健闘。
しかし、ウメノタイショウは6着icon15

荷物が軽かったが9月に連続で裏切られたので軸にはできなかった9番サカノテツワン(3人)が快勝だったface11

10月11日(土)

馬場:2.3%

帯広9R奥野泰崇当てなきゃ帰らない記念 B1-2混合

内から2番ヒロノヤマト(6人)が1番手で下り、

6番サカノテツワン(3人)は2番手で下りた

外から流星が個性的な7番レインボーライデン(2人)も追ってきたが、

先に下りてゴールに向かっていたヒロノヤマトをサカノテツワンが交わし

勝ったicon88
9月に2連敗したときの印象が残っていてあてにできないと思ったのだが、馬体も増えて調子が上がったのかもicon10

目が優しくて可愛らしいうえ、馬具がピンクだからかかなり可愛い印象icon06

「勝ったんだから誉めれ!」
と頭を工藤騎手に寄せていたかのような仕草

撮影中ずっとこんな風に頭を下げていましたface02
工藤騎手もやはりめんこい。

9月の調教見学の時見かけた工藤騎手

勝負服を着ているときよりスタイルが良く見えました。

他の騎手と比べるとアクションが地味かもface01


blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 22:56Comments(0)ばんえい競馬

2014年11月18日

ピカイチ、マツリダワッショイ、ライデンロック

11月17日(月)

帯広競馬場

10R五稜郭特別B1・B2決勝混合結果

私が帯広競馬場に行ったときはいつも休養中で長いこと見ていなかったライデンロック
9月に帯広に行ったとき、私が帯広を立つ翌日に帰厩すると聞き、ほんとに縁がないとガッカリしたが、

10月13日に数年ぶりに見れたface01

2008年のダービー馬、4ヶ月ぶりの実戦ながらこれまでの実績で1番人気
しかし5着。
3戦目2着、4戦目で勝ち、前走は第2障害で膝を折って2着に敗れていたが、きっと3着内は堅いと思った。
好調続きのイッキフジ、キタノサムライが出走するレースは堅い決着が続いていたので避けていたが、今回は特別戦で荷物が重いので飛ぶことを祈り、

買い目:三連複1→2,6→2,5,7,6

馬体がピカピカでとてもよく見えた4番マツリダワッショイ(6人)も気になったが見送った。

結果:5→4→7(三連複7,150円)

軸に選んだ1,2,6は全滅face12

勝ったのは3戦前から西将太騎手に手変わりして2,1,2着の

5番ピカイチ(4人)

スターオブドリームと同じ触角がある栗毛馬

暗めの栗毛なのか写真写りはイマイチicon11

2着は見送ってしまった4番マツリダワッショイ(6人)

ベテラン山本騎手にやられましたface11

10月13日

帯広11RB2-1

ライデンロックの休み明け初戦

大外から9番マツリダワッショイ(4人)が先に下り

そのころ5番ピカイチ(3人)は天板で詰まっていた

マツリダワッショイの後ろからピカイチと同じ厩舎の8番サクラリュウ(6人)、その内から7番チヨノタカラ(7人)、ここには写っていないが2番カツオーカン(5人)
しかしピカイチは手綱を引く菊池騎手のほうに顔を向け、文句でも言ってたかのような?

外枠の3頭と内のカツオーカンが直線に入り、1番カンシャノココロ(2人)は天板までもう一息のところ、3番ライデンロック(2人)が上がった

ピカピカのマツリダワッショイを押し出す山本騎手

画像はボケボケだが、山本騎手、大口騎手も笑っており、レース中に笑うのは若手の島津騎手、赤塚騎手だけではなかったicon10

触角を立ててピカイチも坂を下り、ライデンロックも続いていた

ピカイチ、ライデンロック、そして4番ニシノキング(9人)、残念ながら写らなかったが6番キタノキセキ(8人)も

確か私はカツオーカンに期待していたので彼に注目していたが、

マツリダワッショイが勝ち、サクラリュウ2着、チヨノタカラ3着、カツオーカン4着、ライデンロック5着

ピカイチはその後の6着だった。
今回の705キロは初めての重量だったのだが、好調のうえ、馬場も味方したってことか?

おっとりしてて9歳になったライデンロックには早い展開が厳しかったのかな...face11

やはりキタノサムライ、イッキフジが出るレースは買うべきではなかった。
買うと来ない西謙icon08
買わないと来るヤンキー眉毛めicon08


blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 01:54Comments(0)ばんえい競馬