さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

2013年06月21日

ドミンゲス騎手引退 本田正賢騎手はどうしているのか?

6月20日

通勤電車の中でメールをチェックしていたらBloodhorse.comからのメルマガで
Jockey Dominguez Retires Due to Injuryという記事が目に入った。

何ヶ月か前にその騎手が落馬負傷して入院したというメールを目にした覚えがあるが詳しく見ていなかった。
今年1月18日にアケダクト競馬場で落馬し、頭蓋骨骨折、集中治療後、復帰を目指してリハビリを続けていたらしいが、医師から復帰は無理と告げられ引退を決意したという内容。
本人のオフィシャルサイトを開いたら、そこにも引退を発表する文章が表示された。
文章だけで本人は人前に姿を見せていない様子。
ジョッキーを天職と信じていたのにこのようなことになって復帰できなくなってしまったことがショックな様子がうかがえる。

名前を聞いても思い出せなかったのだが、トレイルブレイザーが4着だった昨年のBREEDER'S CUP TURFを優勝した

リトルマイク(Little Mike)のジョッキーだった。

クリストフ・ルメール騎手が優勝したJuvenile Fillies Turfでは、SUMMER OF FUNで3着

ライアン・ムーア騎手とGEORGE VANCOUVERが優勝したBC JUVENILE TURFでは

外9番NOBLE TUNEの手綱をとっていたのがドミンゲス騎手

内2番手にいた6番DUNDONNELLとドイル騎手を交わし

ここは2着

どうか普通の生活ができるまで回復しますように

そして本田正賢騎手のことを思い出した。
落馬負傷したのは2011年1月4日
早くも2年半になろうとしている。
復帰を目指してリハビリを続けているのだろうか?


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(海外競馬)の記事画像
R.I.P. St Nicolas Abbey
BC 2012 FILLY & MARE SPRINT
2012 Xpressbet BC Sprint
シービスケットツアー Part2 サンタアニタ競馬場
シービスケットツアー サンタアニタ競馬場
11月1日 サンタアニタ競馬場 調教風景
同じカテゴリー(海外競馬)の記事
 R.I.P. St Nicolas Abbey (2014-03-30 02:28)
 BC 2012 FILLY & MARE SPRINT (2013-02-11 03:18)
 2012 Xpressbet BC Sprint (2013-01-12 23:41)
 シービスケットツアー Part2 サンタアニタ競馬場 (2012-12-24 01:51)
 シービスケットツアー サンタアニタ競馬場 (2012-12-17 22:40)
 11月1日 サンタアニタ競馬場 調教風景 (2012-12-17 00:56)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ドミンゲス騎手引退 本田正賢騎手はどうしているのか?
    コメント(0)