さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

2014年07月16日

ブラックシシ 弟に負けてられない

7月13日(日) 帯広5R2歳A-1をサダエリコの最後の産駒、センゴクエースが圧勝したことを前の記事に書いたが、
翌日14日(月)帯広5RC1-6では、2つ上の兄、ブラックシシが昨年12月1日以来11戦ぶりで勝ったface02

初めて見たときの画像はブラックシシ サダエリコの子icon47

私が最後に見たのは昨年12月22日帯広1RC1-3


牡馬にしては相変わらず華奢に見えたが、この日の馬体重は1019キロとデビュー以来最高だった。

しかしおっとりマイペース
人間も長男はそうだと一般的に言われてるが、馬もそうなんだろうか?


6番ヒノデタイガー(1人)と7番フジノルビー(4人)が最初に第2障害を上り、

外から8番トモチャンカラフル(6人)、内から5番センショウパワー(2人)
ヒノデタイガーはカメラ目線に見えるが隣の牝馬を気にしていたのか?

先にフジノルビーが下り、続いてトモチャンカラフル

さらにセンショウパワーが2頭を追いかけてゴールに向かった

さて、ブラックシシはどうしたか?
と第2障害を振り返ると

1番手で第2障害を上った6番ヒノデタイガー(1人)が膝を折って残っていたface08

その外ではブラックシシがこの形相でもがき

さらに口の端から舌を出してこんな顔icon10

なんとか上がり、下りてきたが目線が...

睨まれてた?!
近くにいたわけではないのでたぶん偶然icon11
馬は怖い顔つきなのに手綱を取る工藤騎手は

にっこり楽しそう

そして膝を折って立て直せずもがいているヒノデタイガーの後ろで藤野騎手もニンマリicon10
馬が失敗するとジョッキーは笑ってしまうのだろうか???

直線を歩くブラックシシ

優男系できれいですicon06

厩務員さんも手伝ってようやく立ち上がり、最後に第2障害を下りたヒノデタイガー

ずっとカメラ目線でカメラを意識していたかのようicon10
1番人気でしたがシンガリ負けでした。


センゴクエースは鹿毛、ブラックシシは青毛
ウンカイは青毛、母サダエリコは鹿毛
ということはブラックシシは父似?
父は生涯成績26勝、連対率23.4%、母は34勝、連対率37.7%からは母のほうが優秀
しかし父母ともにダービー・菊花賞馬
今のところセンゴクエースに負けてる感じだが、

お兄ちゃんもガンバレ(^O^)/


blogram投票ボタン


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(ばんえい競馬)の記事画像
十勝産駒特別 メムロコマチ、ワタシワサクランボ
キサラキク ばんえいオークス優勝
第39回 ばんえいオークス (BG1)
コワイ顔のほうがホッとする(#⌒∇⌒#)
4R2歳A-1 センゴクエース、コウシュウハシンザン
オイドンはおさえたが、インフィニティーは (。>0<。)
同じカテゴリー(ばんえい競馬)の記事
 十勝産駒特別 メムロコマチ、ワタシワサクランボ (2014-12-02 01:15)
 キサラキク ばんえいオークス優勝 (2014-12-01 02:07)
 第39回 ばんえいオークス (BG1) (2014-11-30 02:01)
 コワイ顔のほうがホッとする(#⌒∇⌒#) (2014-11-25 01:54)
 4R2歳A-1 センゴクエース、コウシュウハシンザン (2014-11-24 02:27)
 オイドンはおさえたが、インフィニティーは (。>0<。) (2014-11-24 01:19)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ブラックシシ 弟に負けてられない
    コメント(0)