さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年04月26日

第54回羽田盃(SI) - レース写真

2009年4月22日

年末からどんどんひどくなる一方の写真
今回もこれまで撮った中で最悪に思える
フォーカスロックしてないのに、一度ピントを合わせるとピントが固定されている気がする
職場の師匠に相談してみたらレンズの調整が必要かもしれないとのことで修理に出すタイミングを考え中です(;´Д`)ノ

第54回羽田盃(SI)

このレースの予想


京浜盃で3着に健闘し、高配当をプレゼントしてくれた10番スーパーヴィグラスが逃げて、
同じく京浜盃で一目惚れし、穴馬として期待した11番ディアテクノバトルが続いた
京浜盃を勝った3番ナイキハイグレード(1番人気)と同じ厩舎の7番ワンダフルクエスト(画角の外)が3番手

ワイド3,10,11の馬券を買っていたので、スタートからそのまま、そのまま~

1周目のゴール板前で11番ディアテクノバトルがスーパーヴィグラスの前に出て先頭にicon74
ぐんくん離して逃げ切れ~~(^O^)/

7番ワンダフルクエスト、桜花賞2着の12番モエレエターナル、3番ナイキハイグレード

京浜盃2着の9番シャレーストーン(2番人気)、4番ヴィーヴァマティニ(11人)

ヴィーヴァマティニは目がまん丸で、パドックでこの日も舌をだしていて可愛かった

京浜盃は2番人気で5着に終わった1番ガイアボルト、
6番シュバレスク(7人)、岡林厩舎の2頭だしの人気薄で期待してみましたが....

8番イーサンジャンパー(12人)、2番タケノファイヤー(10人)、右端の白い鼻は5番ワタリシンセイキ(6人)
直線の入り口ではディアテクノバトルが先頭で粘っていましたが、外からシャレーストーンに交わされ、

続いてナイキハイグレード、モエレエターナルにも交わされてしまい後退face12
ここから先は京浜盃同様シャレーストーンとナイキハイグレードの叩き合いでした
見るに堪えない画像なのでまたGIFアニメ
GIFにするとさらに画質が劣化するのですが....

レース結果
人気通りの決着でした(+_+;)
当日の日記







JRANK

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ

icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 22:52Comments(0)大井競馬

2009年04月19日

サイレントスタメン - 第12回クラウンカップ(SIII)

4月15日

川崎10R第12回クラウンカップ(SIII)


サイレントスタメン
Silent Stamen(Pedigree Information by net.keiba)
by Regular Member and Gypsy Wonder
いつからか注目しはじめていました
京浜盃(京浜盃の予想)で初めて見た時も上の写真の通り首を下げてややうるさめで撮った写真はほとんどぶれていました
13番人気で7着に健闘

今回は実績のある地元川崎。道悪実績もあったのでさらに期待

鞍上の金子正彦騎手も込みで応援(^O^)/

目が小さいのか?くっきり写りません^_^;
当日お昼休みに予想を詰めていた時、サイレントスタメンが勝つのを想像しながら早くも目がうるんだり、
もしかしたら足立厩舎のワンツーもあるかも!?
などと思ったのに競馬場に着いたらすっかり他の馬に目移りしてしまいました(;´Д`)ノ
当日の日記icon47

レース写真はこちらicon47


画像が汚いですが、レース終了後、泥だらけで引き揚げてきたサイレントスタメンと笑顔の金子正彦騎手
金子騎手の直線一気はいつ見ても感動的です(*^ー^)ノ

口取撮影に現われたサイレントスタメン
嫌がって入り口で止まってしまいました(^o^;)

「いやだ~」
と顔をこちらに向けてくれましたface02
サイレントスタメン、おめでとう


勝利ジョッキーインタビューの後、さっさと最終レース騎乗のために引き上げる金子正彦騎手icon88

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 21:02Comments(0)川崎競馬

2009年04月19日

第12回クラウンカップ(SIII) - レース写真

4月15日

川崎10R第12回クラウンカップ(SIII)

このレースの予想


ゲートが開いて間もなく10番サプライズゲスト、2番チョットゴメンナが前に飛び出してきた
チョットゴメンナ君は馬体重が18キロ減ってパドックでとてもうるさかった

2番手は1番ワールドベアハート、9番ケイアイジンジン
リプレーを見るとワールドベアハートはスタート直後左側に大きく寄れて、その後一気に斜めに前に出てきている

◎10番サプライズゲスト、2番チョットゴメンナ

内、9番ケイアイジンジン、外、1番ワールドベアハート

icon06△4番ホットロッド、中△3番ブルーヒーロー、外〇7番グレードアップ
右端の栗毛のお尻は11番イーサンジャンパー

▲6番ツインダイヤ、△7番サザンクロスラリー、14番マルハチフォレスト、☆8番ヴァルダマーナ、
画角の外に11番イーサンジャンパー

その後ろに12番エンジンソウル、シンガリにicon06△13番サイレントスタメン
直線の入り口でも逃げた10番サプライズゲストが先頭、2番手に4番ホットロッド、やや後ろに3番ブルーヒーロー、
そこヘ向こう正面の中断から一気に前に進出してきた13番サイレントスタメンが外から上がってきましたicon74

私の願いはもちろん順位はともかく4,10,13で決まって欲しかったので力を込めて応援しましたが...
無残にも4番ホットロッドは力尽きてしまったのかゴール前伸びず、サプライズゲストまでが3位に後退face12
(以降の画像はうちのサプライズゲストにピントが合ってしまい外側がぶれているのでGIFアニメにしましたface11

最後は足立勝久厩舎所属2頭の競り合いでサイレントスタメンがクビ差先着
残念ながら馬券は外れましたが、サイレントスタメンと金子正彦騎手が勝ったのがせめてもの救いでしたface03
当日の日記はこちらicon47

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 19:11Comments(0)川崎競馬

2009年04月13日

ロイヤルボス- 第15回マイルグランプリ(SII)

2009年3月26日

第15回マイルグランプリ(SII)


ロイヤルボス
Royal Boss(Pedigree Information by net.keiba)
by American Boss & Reedsky
写真を撮っていた時は気付かなかったのですが、撮れていた写真はほとんどがカメラ目線でした
初めて彼を見たのは2006年のハイセイコー記念のパドックですが、あのときの陸上選手みたいな印象はいまだに目に焼き付いています
とても強い勝ち方だったので、以来応援しましたが全日本2歳優駿7着、京浜盃8着と振いませんでした

今週はクラウンカップが行われますが、2007年のクラウンカップはロイヤルボスが2着でした
しかしそのあと羽田盃6着、東京ダービー3着、その後も連敗が続きました....

2008年のマイルグランプリ6着の後長期休養に入り今年の1月に復帰
A2クラスで2着回でここに臨んだ彼に約1年ぶりに会ったのでした
かつての印象は地味な陸上選手というイメージでしたが、なんとなく垢ぬけて以前より男前になったように思えますface02

やはり昨年同様、張田騎手が返し馬の後でゴール板付近をうろうろ
もしかしたら何かのおまじないなのでしょうか???
レース写真はこちらicon47
負担重量54キロを生かして、ロイヤルボスが南関の帝王、アジュディミツオーを破りましたicon88
レース結果

以前より馬体の張りが良くなったかも

肩かけをかけずに、厩務員さんが手に持って記念撮影をしていました
写真はハイセイコー記念以来かな?

ロイヤルボス、おめでとう\(^_^)/

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 02:25Comments(0)大井競馬

2009年04月13日

第15回マイルグランプリ(SII) - レース写真

2009年3月26日

大井11R第15回マイルグランプリ(SII)

このレースの予想

南関東の帝王、アジュディミツオーが昨年3月5日第53回 ダイオライト記念(JpnII)7着以来、約一年ぶりの復帰戦
手綱をとるのが現在は中央所属の内田博幸騎手ということで応援する気が半減してしまいました。
とにかくミツオーが大敗しないことを祈り、同じ厩舎所属のマンオブパーサーに期待したのですが...
写真は京浜盃同様にほぼ全滅で汚いですface11

ゲートが開くと今まで通り先頭に立ったのは1番アジュディミツオー
その外に5番マンオブパーサー、7番ロイヤルボス、8番ベルモントサンダー
ミツオーの後ろに2番ギャンブルオンミー
なんと私の☆休み明けの4番スズランメイクがギャンブルオンミーの後ろにicon74
あとからふと思ったのですが、いつも彼女を手綱をとっている酒井忍騎手から乗り替わっていたのは酒井騎手が体重重くて
負担重量50キロは乗れなかったからでしょうか?
エトワールフルーヴも50キロの時は主戦の山田信大騎手が乗れずに和田譲二騎手でしたface01

どちらかというと外のマンオブパーサーにピントが合っています
パドックを周回していた時、彼から「キュッ、キュッ、キュッ、...」とまるで音が出る子供のサンダルのような音が聞こえました
たまたま隣にいたアナウンサーの庄司典子さんも彼女に話しかけていた人に「なんだろう?喉鳴り??」と話していましたが、
私も同じように思ったものの、喉鳴りは「ヒュー、ヒュー、」と聞くし何の音なのかわかりませんでした(?_?)

それにしてもブレブレ(;_;) マンオブパーサーの外につけているロイヤルボス
内側にブリンカーをつけたギャンブルオンミー
アメボス産駒が並んでたんですね!

内ギャンブルオンミー、外8番ベルモントサンダー

さらに酷いブレ加減なのでサイズを小さくしました
内10番クレイアートビュン、外13番マズルブラスト

逃げるのが当たり前だった9番サンキューウィンがこんなところに!
外には南関一写真写りのより12番ノムラリューオーなんですが、この日は彼の写真さえブレてしまいましたface12

14番コアレスデジタルのお尻と、内、私の▲11番ベルモントギルダー、外16番ディアヤマト
最高負担重量の15番ニックバニヤンは写っていませんでしたface11

最後の直線、逃げ粘っていた帝王の外側からロイヤルボスが迫ってきました

ボスが帝王を交わす瞬間
いつも通りゴール板前の写真はアウトオブフォーカスで、ゴール直後の写真は当日の日記に掲載
張田京騎手はガッツポーズの代わりにボスの肩を何度もポンポン叩いていましたface02

レース結果
3着は今回は疑問視してしまったクレイアートビュン
◎5番マンオブパーサーは6着face07
がっかりでしたが、ミツオーが大敗しなくてホッとした一戦でしたface02

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 01:49Comments(0)大井競馬

2009年04月05日

ナイキハイグレード - 第32回京浜盃(SII)

2009年3月25日

大井11R第32回京浜盃(SII)結果


ナイキハイグレード
Nike High Grade(Pedigree Information by net.keiba)
by Agnes Tachyon & Diamond Core

昨年12月17日全日本2歳優駿(JpnI)3着以来3ヵ月ぶりでしたが馬体重は+1キロのみ
相変わらず可愛らしいおぼっちゃまです

ひさびさでもうるさい雰囲気もなくマイペースでパドックを歩いていました
レース写真はこちらicon47
クビ差で3歳クラッシック第1弾を快勝icon88

たしかハイセイコー記念を勝ったときはおとなしかったと思ったのですが、写真撮影はやはりいやらしく、
何度も前掻きを繰り返して戸崎騎手に首を叩かれてなだめられていました(^_^;)

白目でちゃってますがまたカメラ目線をくれました

ナイキハイグレード、おめでとう\(^_^)/

どこかで見たことあるような写真だと思ったら
昨年11月12日第41回ハイセイコー記念(SII)優勝のときの写真も同じような顔で写っていました(^~^)

さて桜花賞を勝ったネフェルメモリーは全日本2歳優駿5着のモエレエターナルに6馬身差の圧勝でした。
もし羽田盃でナイキハイグレードと彼女が対決したらどうなるか???

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 23:39Comments(0)大井競馬

2009年04月05日

第32回京浜盃(SII) - 全滅のレース写真(≧д≦)

2009年3月25日

大井11R第32回京浜盃(SII)

前日の予想


石崎隆之騎手が手綱をとる3番チョットゴメンナが第59回全日本2歳優駿(JpnI)の時と同様に先頭
内に雲取賞優勝馬1番サザンクロスラリー、直後に2番グレートカフェ
やや間が開いて最内4番シャレーストーン、中5番ワタリシンセイキ、外6番ガイアボルト
その後ろ内7番ディアテクノバトル、中8番ヴィーヴァマティニ、外9番ノーステイオー
ほぼ馬番順だったんですね

早くも順番が入れ替わって2番グレートカフェが2番手?
逃げる石崎隆之騎手を見たのは個人的に久々だったので、なんだか新鮮でした
長いことまともな写真が撮れていませんがこの日は最悪です

あれ?2番手に躍り出たと思った2番グレートカフェが1秒にはこの馬群の最内に!
1周目のゴール板を過ぎる頃には10番ナイキハイグレード、13番スーパーヴィグラスが2番手にあがってました
1周目は結構横に広がっていたんですね
馬体が接触していそうな後ろに9番ノーステイオー、やや後ろ外に11番ナイキアデューク、その外に15番ワンダフルクエスト
次の1コマにワンダフルクエストの全身が写ってましたがアウトオブフォーカス(>_<;)

内6番ガイアボルト、外15番ワンダフルクエストの後ろに9番ノーステイオー、11番ナイキアデューク、

15番ワンダフルクエストの後ろに16番タケノファイヤー、2番グレートカフェがまた見えます

パドックで初めて見て馬単の相手に選んだ7番ディアテクノバトル
池田孝厩舎のお馴染みの厩務員さんとともに威勢がよくなんとなくやってくれそうに見えてしまいました^_^;
8番ヴィーヴァマティニ、パドックでは一番目立っていた13番シュバレスク

応援した14番サイレントスタメンと金子騎手はここにいました!
その後ろ外5番ワタリシンセイキ、中4番シャレーストーン、最内1番サザンクロスラリー
なんとスタート直後は2番手だったのにあっという間に順番が入れ替わっていたんですね
しかし向こう正面に向かうころにはサイレントスタメンがシンガリでした
金子騎手はシンガリ追走で直線一気が決まるのでNo Problem(^~^)

前で粘っていたチョットゴメンナは直線に向かうコーナーの入り口でナイキハイグレードに交わされ、
3番手のスーパーヴィグラスも外から上がってきた4番シャレーストーンに交わされました

その後はナイキハイグレードとシャレーストーンの叩き合い

外から手ごたえ良く追いあげてくるシャレーストーン

粘るナイキハイグレード

2頭並んでゴールし、一見交わされたかのようにも見えましたが、ナイキハイグレードがアタマ差先着していました
かつてはシャッターを押し続けて連射するのひかえていたのですが、このところシャッターを押しっぱなしにする癖がついてしまいました
挙句の果てにこんなブレブレの写真しか撮れず最悪でしたface11
しかし、半信半疑で最後に追加したワイド的中で馬券は◎でしたface02
当日の日記icon47

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 22:59Comments(0)大井競馬