さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年07月26日

第35回黒ユリ賞(BG3) - 2009年6月21日

2009年6月21日

第35回黒ユリ賞(BG3)

このレースの予想

昨年10月以来約8ヶ月ぶりのばんえいナイトレース
前回カメラの設定をどのようにしたかも覚えていなかった。
設定はどうあれ、撮った写真はほとんど失敗だった。
6月15日は薄暮レースだったので設定にも困りませんでしたが、午後7時半頃から一気に暗くなり、
南関東のナイターと同様にISO800でパドックの写真を撮ったものの照明が暗いため真っ暗になってしまいました。
馬場内ではISO1600に変更。それでもシャッターを半押しするとLoが表示され、果たして写真が撮れるのか不安に....

第2障害の頂上に出走馬の姿が現れて最初にシャッターを切ったのがこのカット
レンズは70-200mm、F2.8でこの暗さ
左から6番ビフカミツエ、7番コマクイン、8番ヒマワリカツヒメ、9番アアモンドグレイド
ビフカミツエの左に5番スーパーコマチの頭が少しでています

2番ウィナーミミが1番手で障害を降り、3番ワタシハスゴイが続く

1番イレマルリュウジンの姿が左端に見え、5番スーパーコマチも障害の頂上に
6番ビフカミツエはその右で首を伸ばしてます

5番スーパーコマチ、6番ビフカミツエ、7番コマクインも第2障害を降りましたが8番ヒマワリカツヒメは頂上で苦戦

2番手で障害を降りた3頭も直線に向かってきました

後続に注目しているうちに先に障害を降りた2番ウィナーミミ、3番ワタシハスゴイがゴールに向かって歩いてきます

ウィナーミミは首をあげて鼻の穴を大きく広げて踏ん張ってます

今度はちらっとカメラ目線? 松田騎手の手綱さばきと表情にも注目

ウィナーミミ、お目目も大きく見開いて、鼻の穴も全開(?)

ゴールに近づくにつれてようやく照明が当たり、やや明るく写りました
相変わらずお目目も鼻の穴もまん丸です(*^.^*)

あともう少し!松田騎手の手綱がくるっと回転し、ウィナーミミの足はラストスパートicon74

ゴール番が見えました

目を閉じて「終わった~!」みたいな表情でしょうか?(^^ゞ

2番手で第2障害を降りたワタシハスゴイ(1番人気・私の本命)が2着
レース結果

ウィナーミミ、おめでとう

当日の日記

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 01:43Comments(2)ばんえい競馬

2009年07月20日

サクラハーン - 俺の目の黒いうちは

2009年6月18日

門別10R門別10Rディープインパクト・プレミアム1一般 オープン


サクラハーン
当時船橋川島正行厩舎に所属、2006年7月21日川崎10R第3回スパーキングサマーカップをラストランに引退と聞いていました
当日記念に13番人気だった彼の複勝馬券を買いました(結果11着)
初めて会った時、「こんにちは」とあいさつしただけで噛みつかれそうになった凶悪なサラブレッド
私のブラックリスト1位がネイティブハート、2位がサクラハーン
そんな強気な彼が引退。淋しく思いました。

ところがその2ヶ月後9月28日の川崎競馬場
メインレースの返し馬が行われている時、旭川競馬ヘクタープロテクター賞の実況が馬場内の大型ビジョンで放映されました。
そこで叫ばれたサクラハーンという馬名face08移籍初戦を圧勝icon74
これにより彼はホッカイドウ競馬で現役続行していることを知りました。
ここに当日の日記がありますicon47

2007年中はたびたび旭川競馬に参戦し何度かサクラハーンで馬券が的中したので、ラストランの借りは返してもらいましたface02

あれから約3年
ようやく生の彼に再会するチャンスが訪れましたface02

カメラのファインダーから覗く私の視線も全く気にせず、まっすぐ前を向いてパドックを歩くサクラハーン
無駄な動きはまったくなし。大人です(^^ゞ

目の輝きも、馬体も素人目には衰えは見られず頼もしくなりました
でもきっとあの性格は変わってなくて今でも凶暴なはずface06
今季3戦目で前走は2着に健闘していたので、ここも健闘を期待しましたが5着まででした。
レース写真はこちらicon47
5着とはいえ、毎回掲示板に載って賞金獲得
この後の第6回星雲賞〔H2〕も5着でしたので、大したものです

「俺の目の黒いうちは絶対に人間には服従しない」
そんな雰囲気を感じさせる眼光

6歳の時のサクラハーン
第17回かしわ記念GI

この時彼の手綱をとった佐藤隆騎手はお亡くなりになりface11

優勝したストロングブラッド他全ての出走馬が引退し、種牡馬になった者もいますが
サクラハーンだけが現役
そして賞金を稼ぎ続けています。
特に道営に移籍してからは26戦し、掲示板をはずしたのはたった6回
頭が下がります↓┌(_ _)┐↓
これからも無事に、いつまでも元気な姿が見れますように(^-^)/

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 02:06Comments(2)ホッカイドウ競馬

2009年07月20日

ゴッドセンド - 新天地で重賞制覇

2009年6月18日

門別10Rディープインパクト・プレミアム1一般 オープン

あれから1ヶ月が過ぎてしまい、当日の記憶はあいまい
しかし門別競馬場で競馬ブックを購入し、10Rの馬柱を見たので、その時点でゴッドセンドの馬名を見たと思う
そしてその時に「あっれ?!ゴッドセンド!道営に移籍したんだ!」と思った気がする。
そして競馬場に来る前に訪問した牧場さんで大井の高岩隆調教師が引退したことを聞いていたので、それで移籍したのだろうか?
と思った気がする。
ところがパドックでは約3年ぶりに会うサクラハーンばかりに注目してしまい、ゴッドセンドに全く気付かなかった(;´Д`)ノ

ゴッドセンド
当日パドックで撮った写真を改めて見たら、彼の装いは大井にいた時と異なっています
大井にいた時(’08スターライトカップ優勝)の写真はこちらicon47
高岩隆厩舎の紫色のメンコを着けて、それにコーディネイトしたバンデージ
チークピーシスは着けていませんでした

こうして改めて当日の写真を見ると馬具は異なっていても確かにゴッドセンドですf^_^;

真っ黒でピカピカ、どちらかというと細身の馬体
この写真はチークピーシスで顔が隠れてしまってますが、なんとなく横断幕をチェックしているようにも見えます

ディープインパクト・プレミアムレース写真icon47

道営移籍初戦を4番人気で快勝icon88
そして7月16日に移籍2戦目の第6回星雲賞〔H2〕に出走し、2連勝icon47
重賞初制覇ですよね?

ゴッドセンド、おめでとう\(^_^)/

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 00:44Comments(0)ホッカイドウ競馬

2009年07月20日

6月18日門別10Rディープインパクト・プレミアム

2009年6月18日

門別10Rディープインパクト・プレミアム1一般 オープン

第13回北海道スプリントカップ(JpnIII)が行われた日の門別競馬場
メインの前の10Rに2006年7月21日、川崎のスパーキングサマーカップを最後に
ホッカイドウ競馬に移籍したサクラハーンが出走することがわかり、再会を楽しみにしていました。
1週間前には自分のサポート馬、トウショウヘリオスが登録しているというメールをホッカイドウ競馬から受信しましたが
残念ながら出馬表には彼の馬名はありませんでした。
その代りしばらく川崎競馬に所属していたアーペレーヌが!
彼女には昨年10月にTCKディスタフで会っていましたが、サクラハーンはおよそ3年ぶりでした。
彼についてはまた別途記事を掲載します。

2007年6月から2008年2月まで大井に所属していた8番モエレソーブラッズ(5人)が逃げました
鞍上は高地の赤岡修次騎手
2番手は2番エイシンテンライ(11人)、その内に1番モエレエトワール(1人)

1番モエレエトワール(1人)の外側に10歳になった5番サクラハーン(9番人気)icon74
がんばれ、マジワルオヤジ(^O^)/

サクラハーンの外側から10番ギルガメッシュ(2人)、後ろに6番ビーボーン(6人)
ここから先は暗すぎてアウトでした(>_<;)

最後の直線、先頭は逃げ粘る8番モエレソーブラッズと赤岡騎手
1馬身くらい離れて1番モエレエトワール、その外から7番ゴッドセンド(4番人気)
エッ~!!!ゴッドセンドヽ(゜▽、゜)ノ
その馬名が叫ばれた時改めてびっくりした私。
この日は競馬場で新聞を買ってちゃんと出走馬をチェックした
馬券はどうやって買おうとしたか忘れたが、迷っていたら締切になってしまった。
パドックは最初から最後まで見たのですが、ゴッドセンドを見た記憶がなかったのでありました( ̄□ ̄;)
ついこの間まで大井に所属していたゴッドセンド
中央から移籍後2戦目の’08スターライトカップを勝って以来さっぱりだった...

モエレソーブラッズの外側にゴッドセンドが迫る

そして並びかけて

クビ差交わしたface08
レース結果

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 00:00Comments(0)ホッカイドウ競馬

2009年07月13日

さすらいの競馬ギャンブラー賞(須田鷹雄&いとうあこ)

2009年6月22日

帯広5Rさすらいの競馬ギャンブラー賞 60万円未満混合


カムイユウキ

最初に第2障害の頂上に立ち、そのまますんなり降りました

(残念ながらここから先は柵が入ってしまってますが、トリミングしてしまうとこともできず...)
単独ですいすいゴールを目指す

ゴール板が見えてきました

後続はまだ見えません

橇の後ろが入線するまであともう少し

既にゴールしたように見えますが、最後まで余念なく手綱を操る工藤篤騎手
ようやく後続のばん馬の顔(たぶん2着のユウセンスピード)が背後に現れました
カムイユウキ(3番人気)、快勝icon88


さすらいの競馬ギャンブラーという番組の協賛レースだったようで、番組のキャストらしい須田鷹雄さんといとうあこさんがプレゼンテーター
須田さんと並ぶとばん馬もそんなに大きく見えませんface06
この後地元のおじさんに、「あのカメラが追いかけていた若い女の子は女優?」と聞かれましたが、
アントニオ猪木さんが亡くなったと勘違いしていた私が若い女性のことなど知る由もなく
「アナウンサーか何かじゃないですか?」と答えた。
ググってみたらグラビアアイドルと出てきました。
彼女がスタッフに「写メ撮って!」と言っていたのを思い出して6月22日の彼女のブログを見てみたらこの写真ではありませんでしたが、載っていました。
当日は彼女をちらっとしか見なかったので印象にも残ってませんでしたが日本人好みのアホっぽくスケベそうな顔ですね^_^;

最後にカムイユウキがカメラ目線の写真
右端に写っている厩務員さんがとても優しそうな顔をしていらっしゃるのに切れてしまっているのが残念
いつも馬にピントを合わせて全体を見ていないことが多く、こんな失敗が多いです(;´Д`)ノ

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 00:32Comments(0)ばんえい競馬

2009年07月12日

第33回人間ばん馬大会開催記念(6月20日)

2009年6月20日

帯広10R第33回人間ばん馬大会開催記念 オープン混合

あれから早くも3週間が過ぎ、当日の詳細は覚えていませんが、このレースの発走時刻は19:25
多分暗くてカメラの露出がLO表示になっていたらしく、ISO1250で撮影をしています。
それにシャッタースピード1/250。それが仇になったようで、真っ暗な仕上がりになっていましたface11
被写体が青鹿毛の馬2頭だったので、なおさらだったかもしれません.....


第37回ばんえいダービーライデンロック(1番人気)が1番手で第2障害の頂上へ
当日ライデンロックを見るのは初めてだと勘違いしていました。
昨年1月14日帯広6Rで見ていたのですが、その時は8着だったので、全く記憶に残っていませんでした。
第33回ばんえい菊花賞カネヅルの9着(シンガリ負け)だったのに、ダービーを勝った後は大崩れしなくなり、
古馬相手にも善戦するようになっていました。

人気の馬は嫌う性質の私は何度も彼の人気を疑って馬券で悔しい思いをしましたが、この日は素直に彼を軸に馬券を購入(当日の日記

パドックでの彼はとても大人しく、歩くペースもゆっくりで気合いなどは感じられませんでした。
ただ真っ黒い顔の中で丸くて小さな目がきらきらと輝いていました。

他の馬が勝負どころの第2障害でもがいている間に楽に障害を降りた

一足先に直線に向かうライデンロック

その直後に私の期待のオレワスゴイが続きました!
当日の日記にも書いたとおり、この日彼を見るために急きょ予定を変更して帯広競馬場に行きました。
生のオレワスゴイもいつもテレビで見ていた通りおとなしくて真面目そうな馬に見えました。
柵沿いで撮影していたので、70-200mmのレンズでは近すぎて馬と騎手が入った写真が思うように撮れず残念

真黒な画像、明るさをあまり上げてしまうと画像の荒さが目立って汚くなるのでぎりぎりまで上げましたが暗いです
シャッタースピードが遅かったらもう少し明るく撮れたか?

2番手で第2障害を降りたオレワスゴイがぐんぐんライデンロックに近づいていきました

あともう少しで追いつくicon74

2頭の馬体が並び、最後にオレワスゴイがライデンロックを差したかのように見えましたが、
0.4秒ライデンロックが先着でした。
レース結果

オレワスゴイは残念でしたが、この前3戦は不甲斐ない成績が続いていたので
久々に彼らしい健闘が見れて帯広に駆けつけたかいがありましたface02

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 03:19Comments(0)ばんえい競馬

2009年07月05日

ヴァーミリアン - 第32回帝王賞(JpnI)

2009年6月24日

第32回帝王賞(JpnI)


ヴァーミリアン
Vemilion(Pedigree Information by net.keiba)
by El Condor Pasa and Scarlet Lady

この写真、ピントがいまいちですが、ヴァーミリアンを見る厩務員さんの表情が誇らしげというか、なんとも言えない表情
ネクタイ、派手ですね!
東京大賞典の時とはイメージが異なっていて別人のようにも見えます

ピッカピカicon12
年末より馬体の張りが良くなった気がしました。
街に茶羽がはびこる季節です^_^;

レース写真はこちらicon47


「ほら見ぃ! あいつがおらんようになったらワシが一番やicon74
と言ってたかどうかはわかりませんが^_^;

ウィニングランはなかったのですが、口取撮影の前に武豊騎手がまたがってスタンドの真ん中あたりまで歩いてお披露目されました。
武豊騎手が指示していたようなので、彼の気配りだったのかもしれません。

口取をする場所は暗いのでISO1600に設定してしまったらスタンド側で撮った画像は白っぽくなり、
ジョッキーの顔が飛んでしまいました。
顔が小さすぎなんですよ!!
この後口取がありましたが、プレゼンテーターのアントニオ猪木さんの登場に合わせてテーマソングが流れたため、
ヴァーミリアンのテンションが上がってしまい口取撮影はちょっと嫌がっていました。

うまたせくんとうまたせーぬにピントを合わせたら、武騎手と猪木さんはボケてしまいました(^o^;)

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 00:11Comments(0)大井競馬

2009年07月04日

日刊スポーツ杯 ビッグウエイトカップ(6月15日)

6月15日

昨年10月5日以来約8ヶ月ぶりの帯広競馬場
旅行の日程を決めた時点ではこの日のレースや出走馬の情報はありませんでしたが、
出発の2日前に発表された出走表に一番好きなニシキユウを見て幸運を感謝face02
ただ前の週からの降雨で馬場水分量が高く、彼女向けの馬場状態ではなかったのは残念でした。

帯広11R日刊スポーツ杯 ビッグウエイトカップ 高馬体重馬選抜別定


8日間でたくさんのレースを観戦し、写真を撮ったのでこの時のことははっきりは覚えていませんが
撮った写真を見るとスタートからやはり大好きなニシキユウを追ってしまったようです^_^;

左から、1番ニシキユウ、2番シベチャタイガー、3番コブラダイオー、4番ヨコハマイサム
コブラダイオーの額の印はユニークでとても目立ちます。
一度見たら忘れないので、悪いことはできなさそうです(^~^)

第1障害を越える時、ニシキユウの馬体が沈んで、シベチャタイガーのたてがみが弾んでいます

ユウちゃんとコブラダイオーが一歩前に

無事第1障害を降りました

第1障害をクリアして第2障害に向かう
ジョッキーの手綱の動きが興味深いです

中から5番ナカゼンスピードと山本正彦騎手が進出

ナカゼンスピードはキャンター?
その外に6番ナリタボブサップ、7番ツジノコウフク

6番ナリタボブサップ、7番ツジノコウフク、9番ヤマノミント、その後ろに8番タケノホウシュウ

9番ヤマノミント、8番タケノホウシュウ

再びフォーカスを前に移動すると先頭は5番ナカゼンスピード
しかし、ピントは内のユウちゃんに....
いよいよ勝負どころの第2障害

最初に上ったのは前半スローペースだった9番ヤマノミント
内側にナリタボブサップ

ボブサップにピントを移動したようですがいまいち合ってなくて暗い(-.-;)

ヤマノミント「お先に~」
急に外に移動したらとみえて完全に後ピン(>_<;)

1番手に第2障害を降りてゴールに向かうヤマノミントをナリタボブサップがキャンターで追ってます

しかしヤマノミントの脚色も衰えず

黙々とゴールに向かって歩く
690キロもの荷物を曳いているというのにばん馬さんの足は速く、負担重量3キロ(カメラと荷物)の私は走ってもなかなか追いつかない

追ってきたボブサップにつかまることなくゴールicon88

レース結果

ヤマノミントのレース前、後の写真はこちらicon47

タイム1:04:7はニシキユウにはやはり忙しすぎたようで、残念ながら6着でした。

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 22:54Comments(0)ばんえい競馬

2009年07月04日

ニシキダイジン - 6月20日帯広9R

2009年6月20日

前日にこの日の10Rにこれまで一度もお目にかかれなかったオレワスゴイが出走することを知り、急遽予定を変更して帯広に飛んできました。

帯広9R門井淳・敏子 帯広観光記念350万円未満混合

このレースは私のお気に入りのミサキスペシャルと、直線の追い込みがかっこい栗毛金髪のキタノタイショウ、
やはりこれまで一度もお目にかかれなかったマルミシュンキも出走していたので、更に楽しみでした。
馬券は古馬の中で唯一の3歳馬で負担重量が軽かったキタノタイショウ(2番人気)に期待したのですが、
第2障害を降りるのも遅く、降りてからの末脚も不発で残念ながら8着face11

私がファインダーを覗いてキタノタイショウを追っている間にするすると4番ニシキダイジンが障害を降りて、ゴールしてしまいましたface12


ニシキダイジン
昨年の1月に撮った写真から彼のことを癒し系のニシキダイジンと呼ばせていただいています(^~^)

この写真の表情はなんだか思い出し笑いをしているようにも見えますが、目が小さくて象さんにも似ています。
私の記憶ではしばしば人気薄で勝ったり、2着に健闘し、高配当を排出しています。

この日から2009年度のナイター開催で、発走時刻18:50は微妙に暗かったので、レース写真は大失敗でしたface12

目をつぶっているようにも見えますが、小さいからそう見えるだけかな?

ニシキダイジン、おめでとう\(^_^)/
はやり、癒し系だと思いますface02

この日の彼は3番人気でしたが、2着コブラダイオーが6番人気で馬単11,220円の高配当
当てたかったですface11

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 04:03Comments(0)ばんえい競馬

2009年07月04日

ヤマノミント - ビッグウェイトカップ

2009年6月15日

昨年10月5日以来約8ヶ月ぶりに帯広競馬場に行きました。
当日の日記

帯広11R日刊スポーツ杯 ビッグウエイトカップ 高馬体重馬選抜別定

前日の予想


ヤマノミント

牡8歳ですが、牝馬のような優しい目をしています(*^.^*)
ばんえい競馬歴2年程度の私も彼が軽馬場巧者と覚えました。
馬場水分量7.9%
1番人気の◎6番ナリタボブサップが勝っても配当妙味がないので、馬単6=9を強弱つけて投票
ヤマノミントが一番手で第2障害を降り、追ってきたナリタボブサップを寄せ付けずに快勝icon88

授賞式が終わるのを待っている間、写真を撮っていたらこんな表情
「ねぇ、早く帰ろうよ~」
と遠慮がちに厩務員さんに訴えているような?face02

ヤマノミント、おめでとう\(^_^)/
細川騎手がよそ見していますが、騎手が正面を向いている画像はヤマノミントが横を向いてしまっているので、馬の目線を優先
ほんとに優しい顔立ちですface05

当日の日記に書いたとおり、この日は細川騎手で2回的中し、なくなるかと思ったOddsParkの残高が、
競馬場に着いたときの2倍になりましたicon22

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 03:33Comments(0)ばんえい競馬