さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年10月30日

第1回カラフルカップ 優勝馬:エンジュオウカン

2011年10月10日(月)

帯広競馬場(ばんえい十勝)

11R第1回カラフルカップ
3歳以上オープン別定

出走馬8頭パドック周回の動画

これまで一度も生で見たことがなかった1番ホクショウダイヤ(3人)を初めて見ました。
「牝馬好き」と聞いていましたが、なかなかハンサム(*^.^*)
レース前に身だしなみを整えていた時に別馬のような変顔を披露してくれた女王3番フクイズミ(1人)はすっかりいつもの女王様の出で立ちに( ´艸`)

女王様に挑む最年少5歳セン馬、8番フクドリ(2番)は鬣に派手目のリボンをつけて勢いのある歩様で歩いていた。

勝負所の第二障害

左から1番ホクショウダイヤ(3人)、2番キタノダイチ(6人)、女王3番フクイズミ(1人)は頭だけのぞかせている。
その内から同じ年の牝馬4番エンジュオウカン(4人)が最初に障害を降り始めた。
その外白い馬体は5番トウリュウ(7人)、6番ユーファンタジー(8人)の頭のみ、7番キョウエイボーイ(5人)
そして右端に番フクドリ(2番)

エンジュオウカンに続いて外枠からフクドリ、キョウエイボーイが第2障害を降りる
左内からはホクショウダイヤ、キタノダイチ
白い馬体のフクイズミ、トウリュウは障害の頂上でユーファンタジーはまだ頭を覗かせているだけ。

最初に降りたエンジュオウカンが大口騎手の手綱さばきに追われてゴールに向かうところ外側からフクドリ、キョウエイボーイも

大口騎手の手綱さばきは写真に写っているといつも絵になっている

どうも馬の顔にピントが合ってないface07

内から伸びてくるホクショウダイヤ
内側だけ照明が明るく、ホクショウダイヤだけ明るく写っていた

内外も気にしているうちにエンジュオウカンは既に1番手で入線していたようで慌ててフォーカスを移動したが間に合わなかったかんじface12

次の瞬間、エンジュオウカンの顔はピンボケで、背後のヘルメットがずれて顔が見えない大口騎手にピントが合っていた(-.-;)

0.3秒差でフクドリが2着でした。
当日の日記
馬券は的中したが、8番一頭軸の三連複だったので僅かなプラスface11

見た目はおしとやかで可愛らしいエンジュオウカンですが、表彰式の間ずっと激しく前掻きをしていました。
はやくお家に帰りたかったんでしょうね。

残念ながらスタッフが両端に入ってしまいましたがこのショットだけ全員カメラ目線で笑顔face02
優勝おめでとうございます

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 15:51Comments(0)ばんえい競馬

2011年10月24日

第10回鎌倉記念(SIII) ニシノファイター

10月5日(水)icon03

川崎競馬場

10R第10回鎌倉記念(SIII)

このレースの予想icon47

出走馬13頭パドック周回の動画

3週間近く過ぎたので当日の記憶は薄れていますが、とにかくこれでもか!というくらい雨が降り、
ゴアテックスを来ていても傘をささないと厳しい天気だった。
あらためて動画を見ると、優勝した12番[北]ニシノファイター(9人)はスムースな歩様で堂々とあるいているが、
スタートが悪く9着に終わった8番 [北]ウィードパワー(1人)、10着7番[北]ヘヴンズパワー(2人)も同様に
初めての川崎なのに落ち着いて良い雰囲気で歩いているように見える。
ニシノファイターはパドックの後半で目の前を通り過ぎる時からずっとカメラ目線で、通り過ぎた後も振り返って私を見ていた。
それが印象的だったので馬券の買い目に追加しようかと思ったが、軸をウィードパワーにしたので何れにせよ外れだったface07

レース

1週目スタンド前
先頭7番[北]ヘヴンズパワー(2人)+御神本訓史、直後内9番テンピークス(11人)+戸崎圭太、外10番[愛]マリアサンシャイン+中野省吾
やや下がった外11番キョウエイペトラ(7人)+森泰斗

やや間開いて内◎2番キョウエイロブスト(4人)+増田充宏、外12番[北]ニシノファイター(9人)+[北]小国博行、
2頭の間に4番シビルアイバー(12人)+左海誠二、直後△1番クリアマキアート(3人)+繁田健一
馬場は水浸しでオリジナル画像を見ると砂交じりの水しぶきが舞い上がっているface12

また間が空いて内☆6番ルイクリスタルラヴ(6人)+坂井英光、外△14番ヴァイタルローズ(10人)+酒井忍
よりによって坂井-酒井( ´艸`)
ここからかなり間が空いて〇13番センゲンオーラ(8人)+真島大輔、△3番ミヤビプレスト(5人)+今野忠成、シンガリ8番 [北]ウィードパワー(1人)で通過
そのまま向こう正面に向かったのかと思っていたが、リプレーを見たら向こう正面に向かうコーナーで先頭集団が外に膨れて後続に交わされたような?
向こう正面では前が2,9,11,4,12,1,6....という隊列に変わっているが間もなく11番キョウエイペトラは故障したかのようにズルズル後退
最後の直線に向かうコーナーでニシノファイターが思いっきり気合いをつけられているが、先頭は☆6番ルイクリスタルラヴ(6人)、直後クリアマキアート
その外側からニシノファイター、センゲンコスモがさらに鞭を奮われ勢いよく上がってきたicon74

直線半ばから先頭はルイクリスタルラヴとニシノファイターの接戦
2頭の間にやや下がってクリアマキアート

最後にニシノファイターが1/2馬身前に出たらしい
過去にもあったが、パドックで振り返ってまで私を見ていた馬が9番人気で勝ったface07
ワイドでも4,260円、1,910円、1,470円だったので、今後またこのようなことがあったらワイドで買うことにする(;´Д`)ノ

詳細はわからないが、当日川崎競馬場のパドックは工事していたようで、いつも私が写真を撮る場所が立ち入り禁止になっていた。
仕方なく騎手、調教師が控えている建物寄りで見たのだが、やはりこの場所は写真写りが悪い。

ニシノファイター
暗かったり、明るすぎたりほとんどピンボケface10
パドックではメンコが赤だったということは2重メンコ?

私の◎2〇13▲8は8,4,9着icon42
やはり当たらない鎌倉記念でしたface07

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45


  

Posted by Sea Chariot at 01:34Comments(0)川崎競馬

2011年10月17日

第44回ハイセイコー記念(SII) ドラゴンシップ

レディースプレリュード、鎌倉記念、北海道スプリント、ハイセイコー記念と重賞が続き、写真を撮り貯めてしまいました。
通常であれば順番通り掲載するところですが、個人的な趣味できれいどころからface02

10月12日(水)

大井競馬場

10R第44回ハイセイコー記念(SII)

このレースの予想icon47

当日の記事に書いた通り、パドックは生で見なかったので動画はありません。
大型映像で1周ほど見ただけなので、全く印象に残ってない^_^;

レース

残念ながらまた障害物が入ってしまったが、先頭内◎1番アイキャンディ(2人)+的場文男、外4番メッシ(11人)+加藤和博
2番手△7番ドラゴンシップ(4人)+御神本訓史、
3番手内から〇2番ラピッドアラシ(2人)+真島大輔、△3番リュウトフェアリー(6人)+山田信大、大外14番ツクバワン(10人)+張田京
直後最内5ネオビバリー(14人)+安藤洋一、外6番ドゥフトライネン(9人)+繁田健一
14番ツクバワンの後ろに8番ミラクルパンチ(12人)+脇田創、その外▲12番ガトリング(1人)+戸崎圭太、△11番ダイヤモンドダンス(5人)+坂井英光
その後ろ内9番オネエチャン(13人)+山崎誠士、外15番 オゼキング(8人)+森泰斗
シンガリ15番ローレンカフェ(15人)+矢野貴之

4番メッシ(11人)+加藤和博騎手が先頭に立って向こう正面へ
最後の直線の1/4辺りくらいまで逃げた4番が最内で粘っていたが、

間もなく2番手を追走していた7番ドラゴンシップが抜け出し、内からは1番アイキャンデイ
アイキャンデイを軸から外してしまったため、11番が来ないと馬券は外れ。
△11番ダイヤモンドダンスは外から上がってきているが、私の視界には入っていなかった。

11番が来ることを祈りながら前2頭の接戦を息を飲んで見守った。
実際はドラゴンシップが優勢だったようですが、私が撮影していた位置からは2頭の馬体はほとんど重なって見えていた。

クビの上げ下げというきわどい接戦に見え

2頭馬体を合わせてゴール

実況で7番ドラゴンシップが勝ったと知った。

◎1番アイキャンディ(2人)は残念でしたが、ドラゴンシップの鞍上は御神本騎手で、
軸のもう一方ダイヤモンドダンスも願いどおり3着に入線し馬券も的中したので大満足icon88
競馬は見せるスポーツというのであれば、人馬ともに美しければなお良いicon88icon88

出会いがしらにいきなり耳を絞ったお嬢さん、ドラゴンシップ

(耳が前向き)
そんな出会いから気性がきついのかと思ってましたが

(耳が横向き)
口取撮影中もじっとしていたので後ろ姿しか撮れませんでした^_^;

(耳が後ろ向き)
優勝おめでとう


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 00:18Comments(0)大井競馬

2011年10月02日

第45回東京盃(JpnII) スーニ

9月28日(水)

大井競馬場

11R第45回東京盃(JpnII)

このレースの予想icon47

出走馬15頭パドック周回の動画

初めて見た1番[J]ドスライス(2人)はこれまでに見たことのない変わった印が額と顔の右側面についていた。
金色のたてがみは短く刈られており、歩くたびにユサユサ揺れてなかなかパンクでカッコイイicon88
前を通るたびに横目で観客を睨んでいるようでもあるが、内心怯えているようにも見えた。
いづれにせよ今年9月の大井競馬場は彼に運はなかったので、見た目は良かったが馬券の対象外。
▲をつけた12番アースサウンド(5人)も初めて見る馬で見た目は頼りなげだったが、美浦から参戦していた彼女にはやや運があるはずだったので期待。
◎13番ジーエスライカー(9人)は高橋華代子さんの重賞直前情報に調教師の弱気なコメントが紹介されていたので、最終的に評価を下げた。
6月の第15回さきたま杯(JpnII)で復調気配で3着に健闘し、8月に佐賀サマーチャンピオン優勝の〇8番スーニ(3人)は歩様も軽快で好調維持の雰囲気。
△10番ラブミーチャン(8人)も+5キロで2人引きでスムースな歩様で歩いていた。
「身体は減ってるけど走れる雰囲気だよ」など、耳に入った会話の内容から隣にいた関西弁の男性2名は11番[J]セイクリムズン(1人)の関係者だったのか?
「ラブミーチャンはトモが流れちゃってるな。あんなんで走れるんかね~」と言っていた。
それに影響を受けたわけではありませんが、競馬場にくるまでは予想の最後にかいた通り、
人気薄のラブミーチャンからワイドで馬券を買おうと思っていたのですが、パドックを見て変更してしまい大失敗でしたface11

向こう正面でスタートし、いつも通り◎13番ジーエスライカーが先頭に立ち、ラブミーチャン、ブリーズフレイバーが続いた。

間もなく5番ブリーズフレイバー(7人)に初騎乗の御神本訓史騎手が手綱を押している。
元々同馬の主戦だった坂井英光騎手が内を見ている。

御神本騎手に押されてブリーズフレイバーが先頭に立ち、10番ラブミーチャン+[笠]濱口楠彦が2番手
ジーエスライカーは3番手に変わった
直後には最終的に私が馬券の軸にした△6番ナイキマドリード(6人)+戸崎圭太、その後ろ15番コアレスピューマ(13人)+本橋孝太、
直後内1番[J]ドスライス(2人)+福永祐一、外7番[愛]ニシノコンサフォス(15人)+[笠]吉井友彦
2頭の間から〇8番スーニ(3人)+[J]川田将雅
その外に☆4番マグニフィカ(12人)+的場文男、さらに外11番[J]セイクリムズン(1人)+[J]幸英明
直後に△2番ダイワシークレット(10人)+今野忠成
転入初戦で2着だった第18回アフター5スター賞(SIII)はもっと前の位置取りだったのにこんなに後ろface07
その後ろ内9番[J]マルカベンチャー(4人)+まだ生きていた[J]安藤勝己、外▲12番アースサウンド(5人)+なんでこんなに後ろなの?[J]蛯名正義face08
こんなのから馬券を買ってしまい大恥(;´Д`)ノ
その後間が空いて内3番アポロドルチェ(14人)、外前走は直線一気で3着に追い込んだけれど今回は無理だと予想して無印にした14番モアザンスマート(11人)

最後の直線の入り口
(今回はスタンドではなく地上で撮影してみたのですが、向こう正面はそれなりに写ってるのに、直線はまったくアウトオブフォーカスでした)
ブリーズフレイバーがまだ粘っており、その外にラブミーチャン、ジーエスライカー
その直後外にセイクリムゾン

一瞬みかさまパワーでブリーズフレイバーが残るかも?...
内ラチ沿いにいたスーニは私の目に入っていなかった。
ブリーズフレイバーとラブミーチャンの間にユニークな印のドスライス、ジーエスライカーの外からセイクリムゾン
やや下がった更に外にナイキマドリード、そして更に後ろの外にマルカベンチャー
この時点ではマグニフィカもスーニの後ろで粘っている

ブリーズフレイバーが足をなくし、この辺りでラブミーチャンの黄金の馬体が前に躍り出て思わず興奮face08
しかし地上で撮影すると観客の頭が障害になり、撮影不能face12

ミーチャンけっぱれ~!!!
とミーチャンにフォーカスを合わせており、内からでてきた馬に気がつかず

ミーチャン、ミーチャ~ン!!!

内側から他の馬が抜け出た気がしてフォーカスを移そうとしたものの間に合わず...

ここでようやく”やっぱスーニ”か...と気付いたが、328のレンズに振り回されなかなかスーニにピントが合わずicon10

第59回全日本2歳優駿(JpnI)第21回東京スプリント(JpnIII)優勝馬復活

相変わらず目が可愛い。

ラブミーチャンは1馬身差2着に粘り、馬連から万馬券face12
パドックなんて見ずになでしこイヤーと過去3日間の1200mの結果を信じて馬券を買えばよかったface11
しかしラブミーチャンはセイクリムゾン(4着)より走りましたicon74
久々にザマミロの好レースicon88

感度を変えずにISO1600で撮ったので、暗いですが、引き揚げてきて首をたたかれていた。

口取は相変わらずオレンジの馬服を着て肩掛けは掛けず。
フラッシュが嫌いなのか記者のほうを見ずにスタンド側に目線をくれた。

馬には罪はない。
優勝おめでとうface02

過去はずっと黒いメンコを着けていたはずですが、今回は白でイメージチェンジ。
成績不振だった時期はどんより曇って精彩を欠いた雰囲気でしたが、すっかり復調したようです。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング blogram投票ボタン
  

Posted by Sea Chariot at 18:42Comments(0)大井競馬