さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年02月22日

サクセスブロッケン - 川崎記念他

2009年1月28日

川崎10R第58回川崎記念(JpnI)


サクセスブロッケン
ペロンと舌だして犬みたいface02

競馬場に到着したのが遅かったのですが、平日だというのにパドックには人があふれていました。
人ごみ嫌いなのでスタンドから撮影でピントが甘いです
お父さんのシンボリクリスエスもどちらかというと細身でしたが、彼はさらに細く見えます

カネヒキリがすぐ後ろを歩いていましたが、2頭を比べるとサクセスブロッケンの脚はとても細く折れそうに見えました
それでも仕事で現地に見に行けずにテレビ観戦したジャパンダートダービーは強かったです

馬場入場
若さのせいか、ちょっとうるさい

一周目、後ピンで偶然彼にピントが合いました
レース全体の写真はこちらicon47
残念ながら優勝したのはカネヒキリでした。

2008年12月29日
大井10R第54回 東京大賞典(JpnI)

初めて彼を見たのはこのレースでした

逆光+ややうるさいためか写真がブレがち

やはり細い! 芝馬体型?

しかし馬体重はこの時で512キロで勝ったカネヒキリとも16キロしか違わないので、
脚が細長くて胴も長めなのが細く見える原因なのかもしれません

馬場入場はJRAの馬がたいていそうなように、最初からスタンド前で返し馬をせずに、向こう正面に消えていきました
レース写真はこちらicon47
残念ながらダートダービーと同じようにはいかず、古豪たちを相手に3着まででした

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 04:22Comments(0)大井競馬

2009年02月22日

ヴァーミリアン - 第54回東京大賞典(JpnI)

2008年12月29日

大井10R第54回東京大賞典(JpnI)

ヴァーミリアンが前年このレースを勝った時は発走時刻ぎりぎりに競馬場に到着したため、パドックは見ていない。
第8回ジャパンカップダート(GI)を勝った時は東京競馬場だったので、パドックは馬との距離が離れていた
川崎記念を勝ったときのパドックは印象に残っていなく、この馬を近くで見たのは初めてかもしれない。

パドックで目の前を通り過ぎる度に振り向いて目線を向ける彼を見ていたら
数年前のNHKの朝の連続ドラマ「ちゅらさん」に登場した柴田さんのようになった
「似ている!」
何かにとても良く似ていた...しかし、すぐには思い出せず

振り向きかげんに目の前を通り過ぎる。人間が怖いのでしょうか?

陽が沈みかけていましたが、完全ではなく逆光になりました
相変わらず立派な馬体でしたが、パドックからはみ出しそうな勢いのカネヒキリには負けていました

ジョッキーを背に馬場に向かう
やや沈む夕日に染まっています

ジャパンカップダートの時も思いましたが、なんとなく肩の辺りの筋肉がだぼついているように見えます

邪魔くさいカメラマンの頭が入ってしまいましたが、相変わらず走る姿はきれいです
しかし、どうも馬体に張りがないのではicon75
レース写真はこちらicon47

2着に敗れ、勝ったカネヒキリと並んで引き揚げてきました
両馬ともに目をつぶっているのが面白い!
ヴァーミリアン「またあいつに負けてしもた(>_<)」
カネヒキリ「またワシの勝ちや(^ε^)♪」
とか思っているのでしょうか??

「似ているicon74
思いだしましたface08
夏になると東京の街角をよたよた歩いている太ったこの虫(^o^;)

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 03:48Comments(0)大井競馬

2009年02月15日

タイムパラドックス - Time Paradox

旧Welcome to Horselovers Worldに掲載していた画像を転載

2008年1月16日、18日

タイムパラドックス
Time Paradox(Pedigree Information by net.keiba)
by Brian's Time and Jolie Zaza

前年彼が種牡馬になったばかりの時に初めて彼を訪問した
第6回JBCクラシック(G1)を勝ったときにマズルブラストの進路を妨害したことの文句を言おうとしたのですが、
彼の馬房を覗きこんでしたらスタッフの方に「大人しくてとっても良い子ですよ」と言われました。
実際無心に干し草を食べていた彼はとても静かで大人しかったし、そんなことを言われてしまったからには彼を責めることはできませんでした。
全ては鞍上の仕業。馬には罪はない。そう納得した。

沈みかけた夕陽に栗毛がオレンジ色がかってとてもきれいです。
そして大人しくてとっても良い子は訪問者に気付いてそばに寄ってきました。
挨拶をして顔を近づけてみましたが、実におとなしくて優しいface02

お父さんは黒鹿毛、お母さんは鹿毛
栗毛はその前の代から受け継いだのでしょうか?

1月18日午後3時過ぎにもう一度訪問したら雪がちらほら降ってきました。
この時期の放牧地には青草もなく、雪の下にわずかに新芽がでているくらいだからか午後になると種牡馬たちも退屈そうです

あいかわらずなつこく訪問者を迎えてくれたものの大あくび^_^;

以下は2007年3月15日に撮影しました

種付けのお仕事のために馬房で待機中
干し草を食べながらも愛想よく顔をだしてくれました

お仕事(種付)の前の準備中
馬体もお顔もきれいにしていざ出陣

お相手の牝馬の準備が整うまで種付け場の外で待機していたのですが、待ちきれなかったのかこんなことにface08
大人しくてとっても良い子が豹変した瞬間です^_^;

お仕事が終了し、放牧地に放たれた彼はこんな感じ
ちょっと興奮冷めやらぬ雰囲気???

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 16:22Comments(0)牧場巡り

2009年02月14日

シーチャリオット - My Valentine

2008年10月1日


2008年4月9日の日記
2008年4月9日大井11R第14回 マイルグランプリ(SII)7着以来休養に出たままなかなか復帰しなかったシーチャリオット
待ちきれず、北海道にいた彼に会いに行きました


午後2時頃、ちょうどウオーキングマシンの中で運動中でした
確か時速40キロで30分だったと思います
案内されて近づいたらいつものように怖いほうの左目でギロリ(右目は可愛いです)

見られているのが気に入らなかったのか、「ここから出せ!」だったのかはわかりませんが、
まもなくウオーキングマシンの仕切りに頭をガンガンぶつけてアピールface07
これではまずいface08
とスタッフの方に案内されて運動施設が見渡せる2階の事務所へ
上から覗いたらシーちゃんは真面目に歩いていた^_^;
坂路では2歳馬たちがトレーニング中で、なんとなく遊んでいるかのように2頭並んでギャロップで坂路を往復
その様子が事務所に設置されたモニターに写っていました
事務所の前には新馬が装鞍を馴らすなどに使用される囲いがあり、中でアグネスフライトの子供が鞍付けを嫌がって逃げ回っていました
放牧地でつかまえられないほどやんちゃだとか^_^;
そんな様子を見学させていただいているうちにシーちゃんの運動が終わりました。

ウオーキングマシンから出てきたシーちゃん
「ったくもう!何でこんなことしなきゃなんないんだよ」
頭を下げてなんとなく不満げな表情?
洗い場に繋がれたらさっそくお決まりの前掻き
当日の動画はこちらicon47

洗い場は半屋内だったので暗くなってしまいましたが、左側がシーチャリオットを右側から見た顔
右側が左側から見た顔です
雰囲気が全く誓いますよね(^~^)
なぜだかわかりませんが、彼はたいてい左側の怖いほうの顔を向けることがほとんど
目つきが悪くて怖く見えるのですが、それでも彼は私が顔を近づけてもミツオーのように噛もうとしたり、フレーメンしたりしません
洗い場にいる間中前掻きを繰り返し、後ろ脚もガンガン蹴りあげてとってもうるさいのですが不思議です(^o^;)

昨年の報知グランプリカップの日は彼は厩舎にいたので一足早くヴァレンタインと称し、
好物のバナナをプレゼントしたのですが、今年はまだ帰厩していなかったので思いを込めて遅ればせながら写真を掲載しました。
4日に「来週帰ってくる」と伺ったので、今頃は戻っているかもしれませんが
icon06Happy Valentine's Dayicon06
いまでもやっぱりシーちゃんが一番好きですface05

過去の写真は専用カテゴリーシーチャリオットでご覧いただけますface02

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 23:58Comments(1)シーチャリオット

2009年02月12日

第1回 ユングフラウ賞(SIII) - レース写真

2009年2月11日

浦和11R第1回 ユングフラウ賞(SIII)

このレースの予想


内2番エンドスルー、外5番タッチブライトが先頭
そのすぐ後ろに3番 クラフィンライデン、やや開いて内5番シアワセノレシピ、外10番エロージュ

0.5秒後、前は同じ隊列

内5番シアワセノレシピ、外10番エロージュが1周目のゴール前を通過

その後ろにぶれていますが12番ミスホーチミン、続いて7番モエレエターナル

12番ミスホーチミンと7番モエレエターナルが目の前を通過
モエレエターナルの走るフォームはのびのびしています

7,8番手は8番アブラガミナミ、11番ハ二―ビー、その後ろに1番トゥモローズライト
トゥモローズライトはパドックでパシュファイヤーをつけていました。

相変わらず古いスタンドが閉鎖されていたため、地上で撮影を余儀なくされたため報道陣が邪魔で写真が撮りにくかったのですが
この隊列のしんがりに6番ロマが写っているものの、私の期待の9番ヴィクトリーパールはicon75
リプレーを見るとロマの前にいたようですが、完璧に見えませんface07

直線の入口、向こう正面から仕掛けられて徐々に進出した7番モエレエターナルが
前で粘っていたエンドスルー、タッチブライトを交わして先頭に
外から10番エロージュ、11番ハニービーが上がってきています

エロージュがエンドスルー、タッチブライトを交わしましたが、

モエレエターナルが後続を寄せ付けず

鮮やかにゴールicon88

全日本2歳優駿5着の時は馬体重が-21キロ、ニューイヤーカップでは更に-9キロ
今日減ってたら消しかもと思ってましたがまたもや-6キロface08
合計36キロも減ってしまったのに、パドックで初めて見た(全日本2歳優駿の時は出遅れてパドックを見てません)彼女は
全く細く見えず、頭を下げて集中して勢いよくのびやかにパドックを周回していました。
36キロは内臓脂肪か何かだったのでしょうか^_^;
相変わらず北海道競馬出身が強いですicon88

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 00:48Comments(0)浦和競馬

2009年02月09日

モエレラッキー - 第45回報知グランプリカップ(SIII)

2009年2月4日

船橋11R第45回報知グランプリカップ(SIII)


モエレラッキー
Moere Lucky(Pedigree Information by net.keiba)
by Magic Miles(Mr. Prospector) & Fujinocating

相変わらずムキムキの好馬体で首を下げて集中してパドックを歩いていました

両側の厩務員さんが満面の笑みを浮かべていてもラッキーは動じずface02

張田騎手が騎乗してやっと可愛い目をブリンカーから覗かせてくれました
返し馬の写真はなく、レース写真はこちらicon47

逆光の上、距離があったのでピントが甘いですが、レース後引き揚げてきてカメラに向かって笑う張田騎手と泥だらけのモエレラッキー

口取撮影の前にチラッとカメラ目線をくれましたface02
見る度に思うのですが、トモの筋肉がほんとに立派です

モエレラッキー、おめでとう\(^_^)/

東京ダービー(SI)2着のときの写真icon47

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 01:04Comments(0)船橋競馬

2009年02月08日

第45回報知グランプリカップ(SIII) - レース写真

2009年2月4日

船橋11R第45回報知グランプリカップ(SIII)

このレースの予想


先頭は11番ゴールドイモン、続いて14番サミンバリオス

12番ニックバニヤンが3番手
続いて内7番モエレラッキー、外9番トップサバトン

モエレラッキーとトップサバトンの後ろに6番クレイアートビュンと菅原勲騎手

ブレてますが、先頭から6番手まで

先陣からやや離れて7番手内に3番ギャンブルオンミー、外5番メイホウホップ
やや後ろ内2番エスプリベン、外4番アートルマン、その後ろに13番カネゼンクラウス

カネゼンクラウスからやや離れて内1番ベルモントギルダー、続いて10番サウンドサンデー
シンガリを5番リンカーンスターが追走していましたが、画角の外でした

直線の入り口はこんな体制で一瞬トップサバトンが先頭に立ちましたが

すぐにモエレラッキーに交わされ、

内から1番ベルモントギルダー、直後から3番ギャンブルオンミー、外から6番クレイアートビュン
シンガリを追走していた5番リンカーンスターがいつのまにか最内4,5番手にicon74
それとは逆にトップサバトンはずるすると後退

後ピンですが、これがゴールの手前で撮ったモエレラッキー
この後はクレイアートビュンが差してくると期待してビュンのほうにピントを合わせてしまったようですが、
実際にはピントは合っていませんでしたface07
レース結果
ラッキーが嫌いなわけではなくどちらかというと好きですが、
クレイアートビュンの父・トーホウエンペラーでGI2勝した菅原勲騎手がクレイアートビュンに手綱をとっていたために
ついビュンの優勝を期待してしまいました^_^;
更にはラッキーの鞍上、張田騎手にはこの前の10Rで期待したのに裏切られた恨みもface03

レース後の日記はこちらicon47

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 23:26Comments(0)船橋競馬

2009年02月04日

トップサバトン - 第45回報知オールスターカップ(S3)

2009年1月3日

第45回報知オールスターカップ(SIII)


トップサバトン
Top Sabaton(Pedigree Information by net.keiba)
by Tayasu Tsuyoshi & Top Of The Sky
こんなに優しそうに見えるのに、怒りっぽいらしい(^~^)
2007年03月28日 第30回 京浜盃(GII)優勝
2007年05月09日 第52回 羽田盃(SI)優勝
以降成績低迷が続き、
2008年05月14日 第53回 大井記念(SII)で久々に3着に健闘
2008年06月11日 第11回 京成盃グランドマイラーズ(SIII)も3着
北海道競馬でデビューし、2007年に船橋・柿本正男厩舎へ
ジャパンダートダービー10着の後、大井の堀千亜樹厩舎へ転厩
更にグランドマイラーズ3着後に、船橋・川島正行厩舎ヘ転厩し、初戦がこのレースでした

堀厩舎在籍中は赤いメンコでしたが、こんどはシックな黒に

男前ですねface02
最初からこんな首が高い走法だったでしょうか?
またもや3着でしたが、2番人気に追われたジルグリッターを2007年の3歳クラッシックを賑わせた3頭がねじ伏せた結果でした^_^;

勝ったアンパサンドの写真はこちらですicon47

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 02:04Comments(0)川崎競馬

2009年02月04日

エスプリベン - 第45回報知オールスターカップ(SIII)

2009年1月3日

第45回報知オールスターカップ(SIII)


エスプリベン
Esprit Ben(Pedigree Information by net.keiba)
by Cacoethes & Ishino Island

昨年はこのレースを勝ち、鞍上の山崎誠士騎手に初重賞勝ちをプレゼント
今年は坂井英光とのコンビでした
変形ハートの額の星が個性的ですface02

栗毛はきれいですよねface05
3番人気だったのに....まさかの13着でしたface12

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 01:27Comments(0)川崎競馬

2009年02月04日

ニックバニヤン - ゆりかもめオープン

12月31日

大井12Rゆりかもめオープン


ニックバニヤン
Nick Banyan(Pedigree Information by net.keiba)
by Dehere & Ironic

羽田盃で父には実績がなかったD1800mの3歳クラッシックを制覇
東京ダービーは2番人気に押されながら10着に終わりました。
その後中央に移籍することになったと聞きがっかり落ち込みましたが、
移籍は取りやめになり2008年の大井開催最終日の最終レースで約半年振りに再会できましたface02

休み明けでちょっと馬体の張りが足りない感じですが、やっぱりニッキーは可愛いですface05
的場文男騎手がアートルマンに騎乗のためか、柏木健一騎手が初騎乗

ブレブレですが、レース写真はこちらicon47
休み明け初戦、6番人気でしたが9着に終わりました(^_^;)
また的場文男騎手とのコンビを見れる日を楽しみにしています。

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 01:10Comments(0)大井競馬

2009年02月03日

クレイアートビュン - 第54回東京大賞典(JpnI)

12月29日

大井10R第54回東京大賞典(JpnI)


クレイアートビュン
Cray Art Byun(Pedigree Information by net.keiba)
by Toho Emperor and Veronica

太陽が沈み始めていましたが、まだスタンドの向こうに消えていなくて逆光で光ってしまいました
目が透き通って見えますね

いつもの優しそうな厩務員さんに見守られて落ちついてJpnIのパドックを周回していました。
前日の予想にはお父さんのトウホウエンペラーからエールを送ってもらいましたが、やってくれそうな雰囲気十分でしたface02
私が初めて見た東京大賞典は2004年だったようですが、浦和所属の馬が出走するのはあの年に出走したダンツフレーム以来ではないでしょうか?
失礼ではありますが、私が重賞で見澤騎手を見たのはあのレースが最初で最後だと思います。

2008年は浦和から堂々とビュン君が参戦icon88
第46回ゴールドカップ(SIII)で2着に健闘した時にはあの的場文男騎手に「大したもんだ」と言わせしめ、
その後4戦目についに第18回埼玉栄冠賞(SIII)で重賞制覇icon88
やはり、大したもんでしたface02

パドックも馬場入場も返し馬も落ち着きはらって、いちばん大人っぽく見えたかも
レース写真はこちらicon47
残念ながら今回はお父さんを越えられませんでしたが、次回の挑戦を楽しみにしています
クレイアートビュン、Fight(^O^)/

過去にはアデレートシティカップの時の写真を掲載していますicon47

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 22:50Comments(0)大井競馬

2009年02月02日

ゆりかもめオープン - 2008年12月31日

2008年12月31日

毎年大晦日の大井開催の最期を飾るオープン戦
中央に移籍すると聞いてショックだったニックバニヤンが移籍は取りやめて東京ダービー以来の出走となり、楽しみにしていましたface05

大井12Rゆりかもめオープン

年末撮った写真はどれも失敗でした。
もしかしたらナイターの時より照明が控え目だったのでしょうか?


先頭は3番ロイヤルマコトクン、右端に4番ニックバニヤンの顔が見えますが...

2番手に柏木騎手が手綱をとる4番ニックバニヤンなんですが....ピントが合ってませんでしたface11

続いて10番モエレラッキー、内側に中央から出戻ってきた2番マダムルコント

8番キンセイブレイド、5番ショーターザトッシ

7番アートルマン、11番マルカジーク、1番 シーサーハーン

人馬共にベテランの9番クールアイバーface05と森下博騎手、内6番ゴッドセンド、最後尾に12番リンカーンスター

逃げたロイヤルマコトクンが最後の直線でも先頭で

そのまま逃げ切り勝ちでしたicon88
レース結果
人気どおりの決着で三連複450円face11
クールアイバーが掲示板に載って良かったですicon06

浦和競馬場、川崎競馬場は年末開催の最終日に騎手たちからファンへのプレゼントがあり、騎手会長からの挨拶があって盛り上がりましたが、
大井競馬場馬なにもありません。
さっさと片付けて帰ろうって雰囲気で、マコト君の写真を撮ろうとしたら照明まで消されましたface07
何とも淋しい終幕でしたface11


ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45


  

Posted by Sea Chariot at 20:58Comments(0)大井競馬