さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年05月31日

ネフェルメモリー - 第23回東京プリンセス賞(SI)

2009年5月14日

第23回東京プリンセス賞(SI)


ネフェルメモリー
Nefer Memory(Pedigree Information by net.keiba)
by Adjudicating and Keiai Memory
強い馬は首を下げて集中してあるいている傾向が強いと思いますが、彼女は首をあげて意外と周囲を見ながら歩いています
初めて厩舎で見た時はテンションが高かったのか、「着やすく見ないでよ!」
みたいな態度に見えてしまいましたが、2回目からは愛想よくそばに来てくれて、鼻の穴を蝶のようにひらひらさせて
訪問者をくんくんしてくれました。
匂いで怪しい人間かどうかわかるのか不明ですが、たいていみんな最初はくんくんしますよねface02

ジョッキーが騎乗したら首が下がった^_^;

レース写真
第23回東京プリンセス賞(SI) - レース写真一周目
第23回東京プリンセス賞(SI) - レース写真最後の直線
レース結果

単勝1.1倍の人気に応えて1800mを楽々と逃げ切りました。

レース後も落ち着いています
第32回東京2歳優駿牝馬(SI)
第55回桜花賞(SI)
道営での重賞2勝も含めてタスキをかけた写真撮影も5回目になるのでしょうか?

角度によってはミツオーと同じように白目がちですが、白目がでていないと黒くて可愛い目をしていますface02

でも最後には
「ほらみなさい。やっぱり私が一番強いでしょ?」
みたいに白目を出して睨まれました^_^;

ネフェルメモリー、おめでとう\(^_^)/

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 20:45Comments(0)大井競馬

2009年05月25日

第23回東京プリンセス賞(SI) - レース写真最後の直線

2009年5月14日

第23回東京プリンセス賞(SI)

一周目の写真icon47

20:21:32.2
直線に向かうコーナーに馬群が現れ

逃げたネフェルメモリーが相変わらず先頭、2番手ツクシヒメ、3番手モエレエターナル
その外に11番ライトレジーナ、13番メジャーサイレンスが見えます
シンガリを追走する14番ブルーブルチャンネは遥か彼方

ピント合ってませんがおよそ2秒後、4,5番手には最内に7番ピーチフィズ、モエレエターナルの後ろには9番アンペアの姿も見えますが...

前3頭の勢いは衰えず、

先頭のネフェルメモリーの脚色も衰えず後続を寄せ付けずに

楽々と鮮やかに1800mを逃げ切りましたicon88

ブレブレですが、嬉しそうな笑顔の戸崎圭太騎手
ネフェルメモリーも苦しそうな様子は全くなく、微笑んでいるようにさえ見えますface02

私の眼には戸崎騎手は手綱を持っていただけのように見えてしまいました^_^;

レース結果

当日の日記icon47

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 00:12Comments(2)大井競馬

2009年05月24日

第23回東京プリンセス賞(SI) - レース写真一周目

2009年5月14日

第23回東京プリンセス賞(SI)

このレースの予想


スタートはほぼ横一線?

断トツ一番人気、第55回桜花賞(SI)優勝馬、◎5番ネフェルメモリーが前に進出
道営でエーデルワイス賞を勝ち、南関東に移籍後初戦の▲9番アンペア(3番人気)の鞍上、的場文男騎手が内を窺っています。

先頭に立った5番ネフェルメモリー
今度は戸崎騎手が外を窺っています
2番手☆2番ロマ、3番手内1番メイプルウィリング、外に〇4番モエレエターナル(2番人気)、後ろに3番エロージュ(4番人気)
その外に7番ピーチフィズ(9番人気)、さらに外は△8番フレンチマリー(8番人気)

20:20:17.5 一周目のゴール前、逃げる5番ネフェルメモリー

顔が切れてしまいましたが、いつのまにか大外から2番手に進出してきた16番ツクシヒメ(5番人気)、その後ろ内7番ピーチフィズ、外8番フレンチマリー

内9番アンペア、外△11番ライトレジーナ(6番人気)

最内4番モエレエターナル、外13番メジャーサイレンス(7番人気)、中10番モエレピンクレディ(11番人気)
この後ろに2番ロマ、3番エロージュ、1番メープルウィリング、12番ツインダイヤがいて
やや離れて15番ヴィクトリーパール、

14番ブルーブルチャンネ、シンガリにちょっと馬名に惹かれていた6番カミフブキという隊列でスタンド前を通過

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 23:50Comments(0)大井競馬

2009年05月17日

ライジングウェーブ - 第54回大井記念(SII)

2009年5月13日

大井10R第54回大井記念(SII)


ライジングウェーブ
Rising Wave(Pedigree Information by net.keiba)
by Meisho Doto and Boynton Canyon(by Gone West)

デビューから3着以下が一度もないことや、彼の母ボーイントンキャニオンが
現在私がしばしばお邪魔する佐藤信弘さんのこところにいることから
彼にとても興味を持っていたのですが、2007年7月8日で大井で1戦して以来船橋しか出走がなく、
私がたまに船橋に行く水曜日ではなくなぜか木曜日に出走することが多かったのでこの日まで一度も彼を生で見たことがありませんでした。

当日の日記に書いたとおり昼休みに血統を調べていたら彼の父メイショウドトウは2500mまでの実績があり、
先月亡くなった母父1978年の米三冠馬AffirmedはベルモントS(D2400m)、ジョキークラブ金杯(D2400m)の優勝馬
さらには母父Gone Westの母父Secretariatは米三冠馬の上、カナディアン国際CCS(GII) T2600mも勝っていました。
セクレタリアットについて詳しくは知りませんが、しばしば名馬だったと聞いた記憶がありました。
そんなことからライジングウェーブがめちゃめちゃ長距離血統だと思いました。
更にはメイショウドトウの産駒で1番人気のバグパイプウィンドの父テイエムオペラオーはドトウの最大のライバルだったと聞いたことを思い出し
もしかしたらこのレースはライバル同士だった父の産駒の対決なのか?
と思いついてちょっとわくわくしましたface02

初めて見た生のライジングウェーブは首を下げて集中してパドックを周回していましたが特別のオーラは感じず、
返し馬をみたら頭を低く下げて走る姿のインパクトが強かったのですが、やはり格下だからと馬券の軸にはしませんでした。
ところが.....

レース写真1周目
レース写真最後の直線

私の決断をあざ笑うかのように楽々と勝ちましたface08


独特のフォームで2600mのゴールを駆け抜けて息が乱れた様子もなく引き揚げてきたライジングウェーブと笑顔の酒井忍騎手

肩かけをつけて写真撮影に向かうところですが、紅白の手綱が鼻に引っかかったのが気になったのかこの後口に入れて噛んでしました^_^;
いたずら好き?

重賞挑戦は初めてで肩かけの経験はあったのか不明ですが、関係者に囲まれてもうるさいところは見えず、
おとなしく馬主さんに鼻を撫でられていましたface02

撮影が終わるとちょっと面白い顔で引き揚げていきました(*^.^*)
相変わらず頭の位置が低い

ライジングウェーブ、おめでとう\(^_^)/

テイエムオペラオーになかなか勝てなかったメイショウドトウは第42回宝塚記念で初めてオペラオーに勝った
そしてそのドトウの産駒が格下ながら初めての重賞で断トツ1番人気のオペラオー産駒を負かしてしまった競馬のロマンってやつでしょうか(^~^)

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 20:51Comments(0)大井競馬

2009年05月17日

第54回大井記念(SII) - レース写真最後の直線

2009年5月13日

大井10R第54回大井記念(SII)

1周目の写真はこちらicon47

馬群が再び直線に現れたとき

先頭に立っていたのは一昨年のこのレースの優勝馬▲13番マズルブラスト
そして差のない2番手にトーホウエンペラーの息子、△14番クレイアートビュンが粘っているicon74
しかし、その外から馬体を弓型にして手ごたえ良く上がってくる4番ライジングウェーブ
私の三連複軸7番バグパイプウィンドは4番手、しかし1番ルースリンドは.....

マズルブラストが下がり、ビュンとライジングウェーブが並ぶ

(ピントが合ってませんが)内で粘るクレイアートビュンをライジングウェーブが交わす勢い
そしてその後ろからバグパイプウィンドも上がってきていますが

ついにライジングウェーブが先頭に立ち、

下がったマズルブラストにバグパイプウィンドが並びかける

抜け出したライジングウェーブは

首を肩より下げたようなフォームで

ぐんぐんゴールに向かって突き進み

後続を寄せ付けずにゴールface08

レース結果

追い込んだバグパイプウィンドは2馬身差の2着
粘ったクレイアートビュンは更に2馬身差の3着でしたicon88

当日の日記その1icon47
当日の日記その2icon47

バグパイプウィンド、ルースリンドは残念でしたが、久々に感動した好レースでしたicon88

早くレンズを修理にださなければface11

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 05:46Comments(2)大井競馬

2009年05月17日

第54回大井記念(SII) - レース写真一周目

2009年5月13日

大井10R第54回大井記念(SII)

このレースの予想

2600mのため向こう正面の真ん中より手前からスタート
最初の直線に馬群が現れた時の隊列

icon2310番フリートアピールが先頭
続いて▲13番マズルブラスト、△14番クレイアートビュン、その後ろ内△4番ライジングウェーブ、外△16番ケイアイプラネット
その後ろに昨年の勝馬5番コウエイノホシ
その後ろ、内☆3番レッドドラゴン、外◎7番バグパイプウィンド
10、5以外は自分が印をつけた期待の6頭が前に並んでいました

16番ケイアイプラネットが4番ライジングウェーブより前に

あれっ、5番コウエイノホシの内側に12番フサイチジャンクのメンコが!
今回はスタートはシンガリではなかったんですねface02

逃げる10番フリートアピール
2番手に一昨年のこのレースの勝馬13番マズルブラスト

3番手、14番クレイアートビュン、外側に吉田稔騎手が手綱をとった16番ケイアイプラネット

5番コウエイノホシが5番手に上がり、内側に△4番ライジングウェーブ
船橋川島正行厩舎に転厩後の初戦のコウエイノホシは過去2回見た時と異なり、パドックで頭をうるさく振っていた
前にいたのが初めて見る20戦3着以下なしの4番ライジングウェーブで、彼は首を下げてゆったり歩いており、
コウエイノホシは彼にぶつかりそうな勢いの歩様

移籍初戦のかしわ記念はスタートから離れたシンガリで、そのままシンガリ負けだったフサイチジャンク
前走は初ダート、今回は初ナイター、しかし何れも落ち着いた様子に見えました
ジャンクの後ろに断トツ一番人気の7番バグパイプウィンドと的場文男騎手(^O^)/

1年以上成績不振の3番レッドドラゴン、その外にこのレース2着2回の〇1番ルースリンド
その外には14ヶ月休み明けの15番アウスレーゼ
マズルブラストが勝った一昨年のこのレースでは3着でした
そういえばファンがデザインしたメンコ、つけてなかったですね.....

アウスレーゼの後ろに2番トーセンベルボーイ、その後ろ内9番コーワキング、外11番ロングウェーブ

シンガリが8番ケイアイマイスキー
先頭は逃げたフリートアピールにマズルブラストが並びかけています

ブログランキング にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 05:06Comments(0)大井競馬

2009年05月11日

第21回かしわ記念(JpnI) - レース写真最後の直線

2009年5月5日

第21回かしわ記念(JpnI)

一周目の写真icon47

向こう正面で先頭にたって気分よく行こうとするアジュディミツオーの手綱を三浦皇成騎手が引いて押さえ、
首をあげるミツオーがリプレーにも映っている
間もなく直後につけていた10番[J]フェラーリピサに並びかけられ、直線の入口では早くも交わされたface09

雨に煙る直線に向かうコーナーから馬群が現れた時
まったくピント合ってないので雰囲気だけ
内から10番[J]フェラーリピサ、6番[J]エスポワールシチー、12番フリオーソ、
その後ろ11番[J]カネヒキリ、大外5番[J]ボンネビルレコード、
フェラーリピサの後ろに三浦皇成騎手ピンクの帽子と勝負服の腕が見えますface10

フリオーソは10番[J]フェラーリピサ、6番[J]エスポワールシチーが壁になって前に出れず、

この後前に出てきた11番[J]カネヒキリにも塞がれてそのまま置いて行かれてしまいましたface12

ここから先はどうでもよいという気持がでしまったのかピントが合っていない
アメリカ人が見たら虐待だと言われそうな鞭使いface08

粘っていたフェラーリピサをエスポアールシチーが交わす

追いすがるカネヒキリ(ブレブレ)

後ピン

後ピン

ゴール板手前で追うのをやめたらしく、ここで先頭の写真は終わってました
たぶん後ろが気になったんだと思います^_^;

ウィニングランの1カットですが、ガッツポーズは逃しました
ゴーグルつけたままでいてくれて良かった(^o^;)
レース結果
当日の日記icon47
レース終了後、馬場内でジョッキーが下馬した2着のカネヒキリは翌日の検査で左第3指骨の骨折が判明。またもや休養に。
ドバイ遠征のツケはまだ終わってなかったんですね。お気の毒です...









JRANK


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ

icon45応援よろしくお願いしますicon45


  

Posted by Sea Chariot at 01:04Comments(0)船橋競馬

2009年05月10日

第21回かしわ記念(JpnI) - レース写真一周目

2009年5月5日

第21回かしわ記念(JpnI)

このレースの予想


大雨にみまわれた中、ゲートが開いて出走馬13頭が飛び出しました
右から、1番[J]ゼンノパルテノン、2番[高]アタゴビッグマン、3番ディープサマー、4番[高]シルクアヴァロン、5番[J]ボンネビルレコード、
6番[J]エスポワールシチー、7番ドリームスカイ、8番フサイチジャンク、9番[高]ケイエスショーキ、10番[J]フェラーリピサ、
11番[J]カネヒキリ、12番フリオーソ、13番アジュディミツオー

2番[高]アタゴビッグマン、8番フサイチジャンク、9番[高]ケイエスショーキが下がりました

4番[高]シルクアヴァロン、7番ドリームスカイもやや下がり、1番[J]ゼンノパルテノンの鞍上、武豊騎手が内を窺っています

三浦皇成騎手が初騎乗の一昨年の南関東の帝王、13番アジュディミツオーが前に進出し始めました

行け、ミツオー!

ミツオーの直後に、10番[J]フェラーリピサ、最内に1番[J]ゼンノパルテノン
その外に昨年の南関東の帝王12番フリオーソ

フリオーソの後ろに、内3番ディープサマー、11番[J]カネヒキリ

フォーカスをまた先頭のミツオーに戻しました
逃げろミツオー(^O^)/ ぐんぐん離してしまえ~

移籍初戦の8番フサイチジャンクはいつのまにか離れたシンガリに(((゜д゜;)))









JRANK


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ

icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 23:58Comments(0)船橋競馬

2009年05月07日

第23回東京湾カップ(SIII) - レース写真

2009年5月6日

第23回東京湾カップ(SIII)

このレースの予想

メインレースの時間は前日のかしわ記念より雨が強くて暗かったので全体的に暗いです

白く煙ってしまいましたがスタート直後
出走馬12頭中11番シュバレスクを除く10頭が横一線

5番サプライズゲスト(2番人気)が前にでました

穴で期待の4番サザンクロスラリーも今日は2番手に!
パドックではパシュファイヤーをつけていました

ぶれてますが4番サザンクロスラリー(8番人気)

初めて見たけれど、パドックでも良く見えて期待した7番ペトコアプローズ(7番人気)が3番手

パドックでとても気になったけれど切った12番ブルーラッド(4番人気)
(上位人気だということにも気づきませんでした(;´Д`)ノ)
内3番マルハチゲティ(10番人気)

4番チームドラゴン(3番人気)

2番ジュピタープリンス(12人)、6番ワールドベアハート(11人)、期待の10番ホットロッド(5人)はここicon74
その外に予想では印をつけたものの最終的に切った11番シュバレスク(6番人気)

やや間があいて1番人気1番ブルーヒーロー、
シンガリは初めてパドックで見たらうるさくて予想は印をつけたものの切った8番ダージープレミアム(7人)

直線の入口、内からサザンクロスラリー、サプライズゲスト、ブルーラッド、ペトコアプローズ、チームドラゴン、ホットロッド
そして大外から1番人気のブルーヒーロー

ペトコアプローズが下がり、ホットロッドも....

血統的にサウスヴィグラスよりオリオンザサンクスのほうが距離適性ありそうと思ってサプライズゲストを▲にしてしまったのですがface07
そして切った12番が手ごたえ良く2番手で穴のサザンクロスラリーが下がっていったface12

後はひたすら2頭の接戦を追うのみ

毎度のことながら美しい御神本騎手の直線の鞭さばきに惹きつけられてシャッターを切っていたら

息をつく間もなくブルーラッドがサプライズゲストを交わして

御神本騎手の右手がかっこ良く挙げられたface08
残念ながら後ピンface11になってしまいましたが、とにかく美しく鮮やかでかしわ記念とは大違いでしたface05
馬券は大外れでしたが、美しい瞬間を見れただけでも価値がありましたicon88









JRANK


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ

icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 02:30Comments(0)船橋競馬

2009年05月05日

Memory of Eight Bells

(2008年10月末に消滅した旧Welcome to Horselovers Worldに掲載されていた写真の再掲載です)

2008年5月4日

the 134th Running of the Kentucky Derby

Churchill Downs Racetrack


Eight Bells
by Unbridled's Song & Away (by Dixieland Band)
パドックに入場すると出走馬は写真のようび口をあけられて、歯茎かどこかにある刺青だかをチェックされた

出走馬20頭中唯一の牝馬
前日のオークスをスクラッチしてダービーへ

真っ黒い芦毛

物静かでとてもきれいでした

20頭もいてもちろん初めて見る馬ばかり
一番人気の20番Big Brownと5番Eight Bellsに決めて馬券を買いましたが、慌てて間違えてしまいました。
詳細は当日の日記icon47
人気に応えてBig Brownが勝ち、Eight Bellsは2着に健闘
しかしゴール板を過ぎて間もなくその場に崩れ落ちた.....
両前足骨折で安楽死処分にface11
前代未聞の大惨事
初めて観戦したケンタッキーダービーで馬券的中
しかし馬券の貢献してくれた彼女はそのまま天に召されてしまい悲しい思い出となってしまいました
翌日の新聞記事に馬場に横たわる彼女の写真が掲載されていましたface11
どうか、2度とこんな惨事が起こりませんように









JRANK


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ

icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 02:33Comments(0)海外競馬

2009年05月04日

第20回東京スプリント(JpnIII)

2009年4月8日

大井11R第20回東京スプリント(JpnIII)

前日の予想


大井1200m、スタート地点に桜の花が咲いているので撮影してみたらそれなりに写っていました

ゲートが開いて出走馬が飛び出したところ
なんと△8番ブローザウインドが先頭face08
内▲5番トップサバトン、外12番[高]ポートジェネラル
〇1番フジノウェーブ、無印2番[J]ゼンノパルテノン、3番[J]アグネスジェダイ、7番ディープサマーが2番手集団
◎16番ビクトリーテツニーは13番リンカーンスターの外側でほぼシンガリ

あっという間に最後の直線に向かうコーナー
アウトオブフォーカスですが、12番[高]ポートジェネラルが先頭でその外に逃げた8番ブローザウインド

ブローザウインド、トップサバトンが後退気味のころろに2番ゼンノパルテノンが
◎16番ビクトリーテツニーはまだシンガリから3頭目くらい

[高]ポートジェネラルに内からフジノウェーブ、外からゼンノパルテノンが並びかける
その後ろ、アグネスジェダイ、トップサバトンが並んでいる外から4番[J]ガブリン

粘る高地のポートジェネラル

ゼンノパルテノンが前に出て、ガブリンもジェダイ、サバトンを交わした

内からフジノウェーブもゼンノパルテノンと並んで抜け出し先頭に

前は2頭の叩き合いの末

ゼンノパルテノンが3/4馬身先着
(もうこの時点でゼンノパルテノンの鞍上に対する怒り沸騰でこの後シャッターを切るのもやめた)
内のフジノウェーブは外からガブリンにもクビ差交わされてしまったface12
2キロ重い負担重量の差だろうが悔しいface10

あまりにも不愉快でその場で画像をすべて削除しそうになりましたが12Rのパドックに行ってなんとか気を静めました(;´Д`)ノ

◎16番ビクトリーテツニー 5着
(ちなみにこの◎は本気ではありませんでした)
〇1番フジノウェーブ 3着
▲5番トップサバトン 6着
△14番ベルモントサンダー 11着
△8番ブローザウインド 13着
惨憺たる結果でしたface11

当日の日記はこちらicon47









JRANK


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ

icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 03:29Comments(0)大井競馬

2009年05月03日

アジュディミツオー - マイルグランプリとフレーメン動画

2009年3月26日

大井11R第15回マイルグランプリ(SII)

このレースの予想


南関東の帝王
アジュディミツオー
昨年3月5日第53回 ダイオライト記念(JpnII)6着以来およそ1年ぶりの競馬

ダイオライト記念の時はイメージチェンジで黒字に桜の花の刺繍が施してあるメンコをつけていましたが、
この日はオリジナルのミツオーメンコ
目つきも休養中北海道で会った時とは違い、睨みがきいた勝負師の目に戻っていました(^~^)

馬体もこのとおりすっかりアジュディミツオー

残念だったのは鞍上が今では中央の騎手となった内田博幸騎手だったこと

レース写真はこちらicon47
1年ぶりの実戦でも人気通り2着に健闘しました
もし大敗したら...という不安もあったので、そうならなくて良かったです。
当日の日記


こちらは2月4日、フリオーソが2連覇したダイオライト記念の後にミツオーを訪問した時の動画
暗い上に操作不良でわかりにくいかもしれませんが思いっきりフレーメンしています。
トーセンジョウオーにもフレーメンされた自分はそんなに自分は臭いのかと気になっていましたが、
スタッフの方にもやっていたので私だけ特別臭いわけではないとわかり、安心しました^_^;
「人間くせ~」
なのでしょうか?

人間の手からは絶対に人参を食べなかったお母さんのオリミツキネンを見て、
このお母さんに人間は絶対に信用するなと教育されたのではないかと想像してしまいました^_^;









JRANK


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ

icon45応援よろしくお願いしますicon45
  

Posted by Sea Chariot at 21:01Comments(0)大井競馬

2009年05月03日

ファンタスティックライト - Fantastic Light

2008年10月4日

ダーレー・ジャパン スタリオンコンプレックスにて

Darley Japan Official Siteicon47

見学に伺った時、アドマイヤムーンアルカセットが馬房から出されてお披露目されましたが、
ファンタスティックライトは馬房の中でした。

Fantastic Light
競走成績(優駿たちの蹄跡)

愛想よく顔をだしてくれましたが、あちこちをガシガシ噛んでいました^_^;
外に出されたアドマイヤムーン等を見て、自分も外に出してほしそうに見えました。
馬房の中を覗いて馬体を見てみましたが、けっこう雄大だったように思います。

右から見ても、左から見ても白目がでています

当日の青空が彼の瞳に映っていました

こちらは携帯のカメラで撮ったものですが、鼻の先を思いっきり曲げていて面白い顔(^~^)
アドマイヤムーンの写真の背後に馬房から顔を出している彼の顔も写っていますface02

京成盃を勝ったジャリスコライトは9戦したきりで引退してしまったのでしょうか?
英国では彼の産駒シンティロがウインターダービー(G3)を勝ったそうです。










JRANK


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ

icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 20:16Comments(0)牧場巡り