さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


 地方競馬情報サイト 南関東4競馬場  ばんえい十勝オフィシャルサイト ホッカイドウ競馬オフィシャルウェブサイト

2014年12月1日よりWelcome to Horselover's World Vol.IIicon47にて継続いたします
 

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年10月31日

第10回ローレル賞(SIII) オリークック

10月27日(水)

川崎10R第10回ローレル賞(SIII)
- 東京2歳優駿牝馬TR -

このレースの予想icon47

出走馬14頭パドック周回の動画

(9番オリークックから始まり、14番マルヒロブライティまで約1.4周)
私の見立ては当日の記事に書いたとおりでした。


スタートはなんとなくバラバラにみえる。
私の◎7番ツルノボサツ(5人)と的場文男騎手がほぼ中央face02

予想通り☆1番エリーフラッシュ(7人)と御神本騎手が先頭に立ちました。
その後ろ6番カイルア(8人)、3番手内11番ソニア(6人)、外△13番ピーチマキアート(4人)
更に外から▲14番マルヒロブライティ(2人)が前に。
直後最内〇5番クイーンサバンナ(3人)、中8番デリス(11人)、外◎7番ツルノボサツ(5人)
直後最内3番アイファーコラソン(12人)、
その後ろに2番エンジェルフラップ(14人)、△9番オリークック(1人)、10番トーセンドール(9人)
穴で期待した△4番ゴールドターフ(10人)はその後ろで、外には12番ゴールイチバン(13人)

馬群が最後の直線に現れたとき、逃げた☆1番エリーフラッシュは離れたシンガリに後退しており、
先頭は2、3番手につけていた11番ソニア
内には6番カイルアも粘っていたが、間もなく後退し、
外から▲14番マルヒロブライティ(2人)がソニアに並びかけたと思ったら更に外から△9番オリークック(1人)が...

前で粘っていた2頭をまとめて交わして2馬身離してゴール

オリークック
第39回戸塚記念(SIII)優勝したハーミアと似た毛色で同じく荒山勝徳厩舎所属の牝馬
父(フィガロ)もハーミアと同じで生産牧場も同じ(サンシャイン牧場)
2007年の東京ダービー馬、アンパサンドはどうしたのだろうと思ってましたが、net.keibaの掲示板に屈腱炎で治療のため移植手術をしたと書いてありました。

パドックでは写真の通りパシュファイヤー(ホライズンネット)をつけていて顔がわからなかった。

当日はインパクトがなかったのですが、改めて動画を見ると良い雰囲気に見える気がします^_^;

ラヴェリータのようにスタンドが気になったのかスタンド側に目線をくれましたface02

優勝おめでとう

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング  blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 22:37Comments(0)川崎競馬

2010年10月24日

プリマビスティーはじゃじゃ馬?

10月20日(水)

大井10R第7回TCKディスタフ(SIII)

的場文男騎手とザッハ-マインが優勝したこのレースのパドックで一際目立っていた一頭

昨年末第33回東京2歳優駿牝馬(SI)を優勝したプリマビスティー

その後中央の芝に2戦挑戦し、今年5月大井競馬場で久々に彼女を見たときパドックで尻っ跳ねをする姿に驚いた。
少なくとも東京2歳優駿牝馬の時の彼女がそんなにうるさい仕草をしていた記憶はない。
プリンセス賞は6着に終わり、翌月門別のフロラインカップで後に三冠牝馬となったクラキンコの2着
9月にまた中央の芝紫苑ステークスに参戦し9着だったようですが、プリンセス賞を勝ったトーセンウイッチはその後だったんですね~
このレースはそれから一月後で私が彼女を見るのはプリンセス賞以来約5ヵ月ぶりでした。

パドックの道路側をうるさい仕草で歩いてくる

目の前を通過するときなぜか右後ろ脚が上げられている

一瞬普通の歩き方に戻ったかと思うと

コーナーを回るときに跳ねる
(影も面白いので影も入れたカットにしました)

もう一度高く跳ねる

右側の厩務員さんが彼女のパワーで寄れる
目の前で勢いよく尻っ跳ねされると観客まで脚が飛んできそうな危険なイメージ
実際には距離があるので届きはしませんが、それほど迫力があり、
万一彼女の脚元にボロがあったらそれが彼女の蹴りで観客まで飛んでくること間違いなし(^o^;)
これを周回毎に繰り返すものですから、珍しいもの好きの私はつい面白くて彼女の姿を追ってはニヤけてしまいました。

背後にいた観客が中央に参戦した時も彼女が尻っ跳ねしており、そのレースで競走除外になった馬は彼女に蹴られたのではないかと話していた。
私が思うに競馬関係者は出走前にこういう馬の傍には他の馬を近付けない思いますが・・・

彼女はホッカイドウ競馬でデビューした当時からこんなだったんでしょうか?
東京2歳優駿牝馬の時は大井競馬場初参上だったため猫を被っていたのか?
それにしてもプリンセス賞の時よりより激しくなっていたように見えました。
過去にはやはり道営から大井に転入して活躍していたアヤパンなどもうるさい牝馬でしたが、プリマビスティーほど激しくはありませんでした。
彼女がどんな思いでこんな仕草をするのかとても気になります。

こういう馬を“じゃじゃ馬”と呼ぶのだろうか?
と調べてみたところ、

じゃじゃ‐うま【じゃじゃ馬】
人になかなか慣れないあばれ馬。
性質が激しく、わがままで好き勝手に振る舞う女性。「―娘」

と出てきました。
の人に慣れないわけではなさそうなので、どちらかというとですか?
すっかり人気が落ちて今回は10番人気で8着
またそのうちにご機嫌が良くなったときに勝ってアッと言わされそうな気もします。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング  blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 22:52Comments(0)大井競馬

2010年10月21日

第7回TCKディスタフ(SIII) ザッハーマイン

10月20日(水)

大井10R第7回TCKディスタフ(SIII)

このレースの予想


肩が痛いので荷物を減らすためカメラを一台だけ持って出た。
ところが古いほうを持ってきてしまい、動画は携帯で撮影。
プリマビスティーの尻っ跳ねはより激しくなったようなicon75^_^;

嫌いな系列の馬なので4番ザッハーマインは▲で、願わくば4着以下でしたが、
2年ぶりに見た彼女はとてもよく見えました。

たとえ的場文男騎手だろうと、嫌な馬に騎乗している時は応援しないface10

勝たれたicon08

ちきしょ~

ところがお嬢さん、ここまで来たらぴたりと停止してしまい、的場文男騎手が進めの合図してもガンとして動かないΣ(・ω・ノ)ノ!
「もうレースは終わったのよ!さっさと降りなさいよicon74
とでも言ってるような目つき?
挙句の果てに口取撮影を拒否したようで撮影なしface07

いつみても良い笑顔ですface02
的場文男騎手、おめでとうございます(#`ε´#)


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング  blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 03:05Comments(2)大井競馬

2010年10月18日

第47回東京記念(SII) セレン

2010年10月6日(木)

大井10R第47回東京記念(SII)

このレースの予想icon47

出走馬16頭パドック周回の動画

当日の日記に書いたとおりパドックで威勢よく歩いて目立っていたのは8番ボランタス、7番タケノショウリュウ、14番トーセンアーチャー
その他の出走馬もいつも通りマイペースで落ち着いていました。
ボランタス以外は馴染みのメンバーなのでそれぞれの個性も見慣れているため、いつも通りであれば順調ということですface02

向こう正面からスタートして1周目の直線
イケメンの△7番タケノショウリュウ(10番人気)が先頭
直後内1番ナッシュ、外13番コンプレッソ(14人)と鮫島克也騎手、
その後ろ最内2番アドマイヤレグルス(11人)、中3番サンキューウイン(15人)、その外にサンタアニタトロフィー優勝馬〇10番カキツバタロイヤル(3人)
外には前走から鉢巻きをとったらしい△16番グラストップガン(4人)
4番手集団内☆14番トーセンアーチャー(8人)と的場文男騎手、外◎11番セレン(1人)で2頭の間に6番ルースリンド(7人)

ここで▲8番ボランタス(2人)が外から前へ進出

ピントが合ってませんが最後の直線の入り口
逃げ粘るタケノショウリュウとグラストップガンの間にカキツバタロイヤルとセレン
グラストップガンの外ボランタスの外からルースリンドが
直線の1/3当たりでタケノショウリュウは後退し一旦カキツバタロイヤルが先頭に立ったものの
すぐに外からセレン、ルースリンドがicon10
しかしその後はセレンが手ごたえ良く伸びて外のルースリンドを突き放し

4馬身先着

セレンの首を叩く石崎駿騎手
3着カキツバタロイヤルはともかく4着1番セトノギムレット(6人)だったのはビックリface08

左)前日の東京盃は2着ながら笑顔で引き揚げてきた石崎駿騎手
右)セレン君は「勝ったよ~」と嬉しそうな表情ですが、鞍上はポーカーフェース^_^;
どんどん石崎隆之騎手に似てきてる?

馬主さんがお亡くなりになったようで奥様に遺影を見せられたセレン君は顔をそらしてしまいました。
「写真よりにんじんがいいな~」

セレン
父:マーベラスサンデー 母:Highest Day by Brian's Time
大井記念の時ほどではありませんが、今回も写真がきれいに撮れませんでしたface11

パドックはおっとりマイペースな雰囲気ですが、動画では首を上下に振っていて前日のヤサカファインと同じ(^~^)

449キロは牡馬にしては小さいですね。
それで58キロ背負ってあの脚

538キロの雄大な馬体でパドックで勢いよく歩いていた見せかけだけの馬に9馬身先着icon88
優勝おめでとう

LOVE, LOVE

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング  blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 02:57Comments(0)大井競馬

2010年10月17日

人馬ともに舌を出す

2010年10月13日

浦和11R錦秋特別 B3(二)

パドックで撮った写真に騎手と馬が同時に目をつぶっているのはしばしば見られますが

馬と厩務員さんが同時に舌を出してる写真は初めて撮れました。
手前にピントが合ってませんが...
トウショウヒルズ
父:ニューイングランド 母:ネイビートウショウ

2008年暮れに中央から船橋に転入後昨年7月までは4勝2着1回3着1回でしたが
以後苦戦が続き今年2月からは浦和に転入
8月に久々に船橋で1勝しましたface02
パドックでもうるさめで白目を出して観客を睨んでいるような表情です^_^;
次に頑張るのはいつになるでしょう?

快晴でぽかぽか陽気の一日

最終レース終了後の空

反対の方角には三日月
いつしか浦和競馬場が好きになりました。
次はいつ行けるか?


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング  blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 04:31Comments(0)浦和競馬

2010年10月14日

第20回埼玉栄冠賞(SIII) ドリームトレジャー(@_@)

2010年10月13日(水)

浦和10R第20回埼玉栄冠賞(SIII)

このレースの予想

出走馬11頭パドック周回の動画

お馬さんたちが尻尾をビュンビュン振っているのは虫がいたのでしょうか?
11頭それぞれが尻尾を力一杯振っているのが動画でわかります^_^;

◎6番クレイアートビュンは浦和所属ですが、浦和競馬場で見るのは初めてでした。
7月28日サンタアニタトロフィー以来2ヶ月半ぶり
馬体重は+7キロですがそれでも454キロと小柄
首を下げてナイターの時より落ち着いて見えたかもしれない。
一昨年のこのレースを負担重量56Kで優勝し、昨年は58キロ背負って3着
小柄なため58キロは可哀想な気がしますが、既に6回経験して2着2回3着3回
今度こそ(58キロ克服)ガンバレ(^_^)/

向こう正面からスタートして1周目のスタンド前
久々に酒井忍騎手とコンビを組んだ約4ヶ月ぶりのヴァイタルシーズが先頭
その直後内◎6番クレイアートビュン(3人)と的場文男騎手、外△5番ディアーウィッシュ(2人)
後方では約8ヵ月ぶりのダービー馬☆10番ドリームスカイ(7人)、〇8番ブルーラッド(1人)が砂をかぶって目をつぶっています(>_<)

3番手集団は最内転入初戦2番ケイアイスイジン(8人)、中同じく転入初戦4番ドリームトレジャー、外△11番ルクレルク(4人)
やや間があいてドリームスカイ、ブルーラッドが並び、その後ろにダービー馬3番サイレントスタメン(10人)、9番サグ(5人)、最後尾に7番エースオブタッチ(11人)
という隊列で通過
馬群が最後の直線に向かうコーナーから現れたとき先頭にいたのは△5番ディアーウィッシュ(2人)だったと思う。
私はクレイアートビュンを探した

1周目よりやや下がった位置から外にだされて上がってきそうな姿を発見!

「ビュンicon74マトバ(的場)さ~んicon74icon74
と心の内で叫びながら先頭に目を戻すと

( ̄□ ̄;)!!

エーーーーーッヽ(゜▽、゜)ノ

昨年負担重量54キロのface05カネショウアトラスが9番人気で2着に健闘したことから
予想で馬名をとりあげたもののダート経験1回、中央での実績も転入前は2ケタ着順だったので印はつけなかったドリームトレジャー
パドックでは上の写真のように首を下げて歩いており、特に印象も残らなかった。

カキツバタロイヤルサンタアニタトロフィーを優勝した本多正賢騎手とのコンビでしたが、特にオーラも感じられなかった(((゜д゜;)))

しかし、帰路撮った写真を確認していたら一番写真写りが良かったかも...

ドリームトレジャー
父:コマンダーインチーフ 母:キミホウセキ by Sunday Silence

でもってなかなかイケメンicon75

ショック~

今年度開催中、本多騎手が重賞に出るときは必ずおさえるようにしますllllll(-_-;)llllll

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング  blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 02:14Comments(0)浦和競馬

2010年10月11日

第44回東京盃(JpnII)優勝 サマーウインド

10月6日(水)

大井10R第44回東京盃(JpnII)

このレースの予想

出走馬14頭パドック周回の動画



◎3番サマーウインド
父:タイキシャトル 母:シンウインド 母父:Western Wind(USA)

予想で◎をつけたものの実物を見るのは初めてでした。
パドックの大外を勢いよく歩いていたからか、明るい毛色なのにピントが合った写真が撮れてませんでした。

ピカピカの栗毛icon12
のびのびとした好馬体で、歩くたびに揺れるたてがみも含めて父タイキシャトルに雰囲気は似ていた。

ゲートが開いて間もなく
先頭は☆1番ケイアイジンジン(8人)と的場文男騎手
「どんどん行け~」(^O^)/
並んで外側に△14番ナイキマドリード(7人)、間に11番スリーセブンスピン(12人)とムンロ騎手
やや下がった最内に◎3番[J]サマーウインド(1人)がいて、その外に〇8番[J]ミリオンディスク(3人)、更に外には△10番ヤサカファイン(4人)
なんと△6番スーパーヴィグラス(10人)は5番[J]アナモリ(5人)と並んでシンガリface12

ヤサカファインがやや下がり、ミリオンディスクの外側に緑の帽子が見えるので▲9番[J]スーニ(2人)のようです。
間もなくサマーウインドが先頭に立ち直線の入口へ

2番手最内にはケイアイジンジン、外にナイキマドリードが粘っており、その外にはミリオンディスク

ここでケイアイジンジン、ナイキマドリード直後にいたヤサカファインが抜け出した。

ナイキマドリードは粘ってますが、ケイアイジンジンは後退

ヤサカファインがナイキマドリードを交わして2番手に躍り出たところで
私の視界は前にいた客が立ち上がったことにより遮断されたface12

よってゴール写真はなしface11
ムカッicon08
たぶん立たないだろうと予測して選んだ場所でしたが、大外れでしたface07
これだから交流重賞は嫌いだface10
ゴール前でヤサカファインがサマーウインドに並んだシーンは見たのですが....
当日の日記
馬券は的中したのがせめてもの救い


厩務員さんの胸に花がつけられるのを大人しく見つめるサマーウインド

ややこちらに目線をくれたface02

後ろ姿ですが、顔が写ってるので。しかし白目がち...

関係者との口取はフラッシュを嫌がっていたのかやや前掻きをしてましたが極めて従順

でもやっぱり白目が^_^;
美しい栗毛とたてがみ、全体の雰囲気は美男子のお父さんに似てますが、

顔の美貌までは受け継いでいいのが残念です(^~^)


藤岡佑介騎手は何かの際に初めて見たときも思いましたが、かなり癒し系。
ムカついた時も彼の笑顔を見たら自分も笑顔に戻れそうです。
優勝おめでとうございます。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング  blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 22:28Comments(0)大井競馬

2010年10月06日

ロイヤルボスのウインク 第17回アフター5スター賞

2010年9月1日

大井10R第17回アフター5スター賞(SIII)

このレースの予想

face05☆14番ロイヤルボス 58K

2ヶ月休み明けだった前走、サンタアニタトロフィーは13着でしたが、face05なので大穴で期待

手前がぼけてますが、良く見たら左目が....
ウインクicon75
目にゴミが入っただけとかかもしれませんが、良きに計らえ!ってことで^_^;
いつもピカピカで男前なロイヤルボス

馬場入場の時は横目で観客を睨んで凛々しい雰囲気
前年3月第15回マイルグランプリ(SII)を優勝した時と同じ表情
いや、あの時より気合いが入っていたような?

人馬ともにイケメンコンビ
絵になりますface05

当日の日記

12番人気だったボスは3番手のスーパーヴィグラスと馬体を並べてゴールface08
しかし長い審議の結果3/4馬身差の4着でした。
ワイド4-14を買っていたので前が1頭だけなら的中だったのですが(ノω・、)
しかし信じて応援したかいがありましたface02
マイルグランプリ以来勝ちから遠ざかってますが、次の勝利までもう少し。
Fight! Fight! Fight!


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ ブログランキング  blogram投票ボタン
icon45応援よろしくお願いしますicon45

  

Posted by Sea Chariot at 01:31Comments(2)大井競馬